最近聞くオンライン×○○。
ニュースサイトにてたまたま見つけた「オンライン学童」なる用語。
小学生の子を持つ親としては学習サイトや講座でも、塾でもないオンライン学童ってどんなものなの?
と気になり調べてみました。



オンライン学童とは

パソコンやインターネットサービスを使って、親の代わりに声かけをするサービス。
インターネット上の子供たちと一緒に「体験」するサービスもあります。

自宅で学童サービスが受けられる

共働きの増加で学童に入れない児童が増えてきました。
多くの市営学童は定員が20名ほどで小学3年までしか申し込みできないなんてこともあります。
夏休みなど長期連休に子供を家に1人にしておくには少し心配ですよね。
夏休みにはたくさん出る宿題、音読、お手伝いやらなければいけないものがたくさんあります。
しかし、実際に決められたことを自分でできる子は少なく、計画を立てられる子も少数です。
大人のちょっとした声かけひとつで、本当は自分からできるのです。

ZOOMを使ったリモート保育を紹介

オンライン学童ドットコム
このオンライン学童ドットコムは「自宅で学童保育を行う新しい形」で、ビジネスツールとしても有名な「ZOOM」を使って自宅保育×学習支援をしています。

メリット
インターネット環境とパソコンがあれば場所を選ばない
画面共有やカメラが使えるので、体操やダンスといったからだを動かすこともできる
ピアノやギターなどの音楽カリキュラムもある

デメリット
スキンシップができない
ソフトのダウンロードや操作など親がする必要がある

オンライン学童って何?のまとめ

パソコンやスマホを使って親の代わりに声かけをするサービスである「オンライン学童」

オンライン学童ドットコム

ビジネスアプリZOOMを使って自宅保育×学習をすることができます。
新しい用語でもあるオンライン学童というサービス。
これからの時代オンラインを使った学童サービスは増えていくと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。