ワードプレスでのバックアップは定期的にした方がよいときくけどもどうやってすればいいのかわからない。プラグインをつかえば簡単ときいたけどどれを選んだらいいんでしょうか?
ワードプレスでバックアップを取る方法、プラグイン「Back WP up」での手順を紹介します。



バックアップは必要?

ワードプレスサイトで欠かせないのが、バックアップ。サイトの設定をしたあとにページが真っ白になった経験がありますよね?もう頭の中も真っ白になり固まるしかありません。そんなときバックアップがあれば安心です。
ワードプレスサイトは財産なのでしっかり守りましょう!

サーバーのバックアップは有効?

xサーバーなど大手サーバーは自動バックアップ機能があります。

ワードプレスサイトが消えてしまってもサーバに連絡すればバックアップを復元することができます。
しかし、xサーバーのバックアップ復元は有料で1万程度かかります。収益を考えると安いものかもしれません。ただ、手元にバックアップデータがある事方が安心感があるためプラグインをつかうと良いです。



プラグインBack WP upをいれるには?

まずはプラグインを入れます。新規プラグインから検索で「Back WP up」を探し、インストールします。
その後有効化します。

ワードプレスの管理画面の左側(サイドバー)に「BackWPup」という項目が追加されています。
選択すると「ジョブ」の項目が出てきます。
「ジョブ」を選択。

新規追加からジョブを追加
ジョブというのは自動バックアップする日程を追加することです。
「BackWPup」をいれてもこのジョブを追加していないとバックアップをしていません。必ず設定しておきましょう。

File backupを設定する

まずは一般の部分から設定します。
ジョブ名ーわかりやすい名前でがよいので「しゅういちバックアップ」にしました(週一回バックアップする予定で)
アーカイブ名ー初期設定のままで良いです
アーカイブ形式ーTar zipを選択
バックアップファイルの保存方法ーフォルダーへバックアップをチェック、Dropboxにバックアップをチェック

ログの送信用メールアドレスー登録したメールアドレス

設定後保存ボタンをおすのを忘れずに。

バックアップのスケジュール
次はスケジュールの設定です。バックアップの期間を決めるのですが、初期では毎日になっています。毎日だとサーバーを圧迫します。更新頻度にもよりますが、間をとって週1回にします。
ジョブの開始方法ーWordPressのcronを選択
スケジューラーー毎週、曜日、時間は変更なし
バックアップ期間の目安
更新頻度が毎日4、5件なら毎日、週に4、5件なら週1、週に1件なら月1
自動バックアップの曜日と時間
自分がワードプレスサイトを更新しない曜日、時間、基本デフォルトのままで良いです。

設定が終わったら、変更を保存します

DBバックアップ
バックアップするファイルの設定です。
すべてを選びましょう
バックアップファイル名ーデフォルト
バックアップファイルの圧縮ーGzip

設定が終わったら保存します

プラグインの設定ー初期設定のまま

宛先、フォルダーー初期設定のまま

宛先、メール
メールアドレスー登録したメールアドレス
初期設定のままなので確認だけしましょう。

これで設定は終わりです。

今すぐバックアップする
自動バックアップではなく、今すぐバックアップをすることもできます。
設定が終わったら一般より実行していきます。
またphpファイルなどを変更する前にはバックアップをすると画面が真っ白になっても復元ができますから、サイトのファイルを変更するまえにはバックアップを取るくせをつけましょう。

ワードプレスサイトのバックアップ方法のまとめ

自動バックアップは1度設定したら終わりです。サイトが消える前に設定をすることをお勧めします。
サーバーのバックアップがあるとはいえ、万が一のために手もとにデータがある方が安心です。とくにphpファイルとかいじる前にはプラグインから今すぐバックアップを実行しましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました