今自宅学習の価値が問われています。

普段は学校から帰るとタブレットでゲームとYouTubeになりがちです。


家でも勉強できる環境を整えることが大事になります。



ヤフーおうち学校はパソコン、タブレット、スマホで使える

家にパソコンがある家庭は多くても、子供専用はまだ少ないです。

でも子供用のタブレットや親のスマホのお古を子供用することはあるので、デジタル機器は子供を触れています。

よくある通信教育専用のタブレットは必要なく、ブラウザで見ることができるのでインターネットにつながったテレビを使うこともできます。

検索の仕方を覚えるのも勉強

私の子供のころは、わからないことを調べるといえば「辞書」「図鑑」でしたが、今では家に辞書や図鑑を持っていないですよね。紙の書籍は重く狭い家では置き場もない。

普段自分が調べものするときはインターネットになっているため必要性もかんじられません。

これからの時代はインターネット検索の仕方が重要になります。

「やふーきっず」おうち学校では「しゅくだいをしらべよう」という項目があり、検索窓が用意されています。

この検索では子供たちに不適切な項目は表示されないため、親は安心して使わせることができます。

はじめは「あいうえお」の入力から

検索結果によって出てくる項目が違うことを知る。

自分が知りたい情報にたどりつくにはどうすればいいのか?

そうやって検索の仕方を覚えることも勉強なのです。



学年別の教科の勉強ができる

もちろん学校で習う教科の勉強もできます。

小学1年の国語だと動画の昔話が見れます。

算数だと最初に躓く繰上りのある足し算、引き算が動画で解説。

YouTubeでもそうですが、こどもって同じ動画を何回も見ていると覚えるんですよね。

トイレトレーニングとか「トイレ」の動画を延々と流してましたから。

おかげでトイレトレーニングには苦労しませんでしたが、親までトイレにいきたくなるんですよね。ああいうの見ると。って関係ない話でした。

1年で習ったものの復習ができるだけでなく、これから習う勉強の予習もできるのが良いです。

息抜きでゲームのコーナー。イカたたきははまる

ダウンロードしなくてもできるゲームやパズルのコーナーもあります。

息抜きに良いです。

とかいいながらやり始めるとゲームの時間のが勉強より長くなることがあるので注意が必要です。

個人的にはまっているのが「イカたたき」です。

次々現れるイカをどんどんたたいていくだけの単純なゲームなのですが、

この単純が面白いです。いかでないものをたたいてしまうとマイナス。イカだけをたたくっていうのがすごく頭を使います。パソコン学習をはじめたい。

マウスになれるために私もはじめはこういうゲームからマウストレーニング始めました。

楽しく学ぶこと。勉強って面白いってかくかくって大事です。

 

まとめ

学校で休校中の子供たちは自宅待機を命じられています。でも実際には家にいてもゲームとYouTubeで、宿題すら手に付けない状態。(休養中のあつかいなので宿題は春休みぶんしかないですが)なにかやらせたいとおもってしらべていたら身近なところにありました。

これからデジタル社会をいきぬくためにもインターネットとうまく付き合う方法や自宅学習の在り方を考えるいい機会になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。