手作りクラフトにおすすめ!家にあるもので作れるエンボスヒーターの代替品8選

工作
アフィリエイト広告を利用しています

エンボスヒーターは、少しの風力で高温を生み出す便利な道具で、手作りクラフトには欠かせません。
しかし、一般的な店舗ではなかなか見つけにくく、主にネットで買うことが多いです。
このヒーターを使うことには、作品作りにおける大きな魅力があります。

そこで、家庭にある日用品を活用して、エンボスヒーターの代わりになる8つの方法をご紹介します。
また、普段使っているドライヤーが、エンボスヒーターとして使えるかどうかも考察します。

手元にある道具を使って、エンボスヒーターの代用品を見つけ、世界に一つだけの特別なハンドメイド作品を作りましょう!

目次

エンボスヒーターに代わる8つのアイデア


エンボスヒーターの代わりになる8つのアイデアは次の通りです

  • 湯煎
  • 家庭用ドライヤー
  • ヘアピンで気泡を取り除く
  • 爪楊枝で気泡を取り除く
  • ライターやチャッカマンを使う
  • スポイトを使用
  • 綿棒を使用
  • 暖かい場所を活用する

エンボスヒーターがない場合、レジンの気泡処理について悩むかもしれません。しかし、家にある身近なアイテムを使った代用方法はたくさんあります。

この項目では、レジンの気泡を取り除くためのエンボスヒーターの代用品として使える8つの方法を、もっと詳しく紹介します。

湯煎を活用

湯煎を使うと、レジン液が温まり、気泡が抜けやすくなります。
エンボスヒーターがなくても、湯煎でレジン液を温めることでキレイに仕上がります。
型に流す前に湯煎で温めると良いでしょう。
ただし、レジンを高温にしすぎると扱いづらくなるため、80℃程度の湯煎が最適です。

家庭用ヘアドライヤーの活用

普段使う家庭用ヘアドライヤーでも、エンボスヒーターの代わりとして活躍します。

家庭によくあるヘアドライヤーは扱いやすいですが、エンボスヒーターが弱風で高温を出すのに対し、ドライヤーは風力が強いため、使用する際は周囲に注意が必要です。

ヘアピンでの気泡除去

ヘアピンはレジンの気泡除去にも役立ちます。

多くの家庭にあるヘアピンを使用すると、その曲がった部分で気泡をすくい取ることができます。

細かい気泡も簡単に除去できるため、ぜひ試してみてください。

爪楊枝を使った気泡除去

どの家庭にもある爪楊枝は、レジン作業にとても便利です。

使い捨て可能なので、異なる色のレジンを使用する際も、新しい爪楊枝に交換して色の混ざりを防げます。

気泡を潰したり、すくい取ったりする際に爪楊枝を使うと、気泡の除去が手軽にできます。

ライターやチャッカマンの利用

レジン作業で一つずつ気泡を取るのは大変ですよね。

そんな時は、ライターやチャッカマンを使うと便利です。

レジンは粘度が高いので、そのままにしておくと気泡が上がってきます。

レジンの表面をライターやチャッカマンで軽く温めると、気泡が浮き上がり消えていきます。

ただし、レジンの型や容器が熱に弱いので、レジンだけを温めるように注意しましょう。

私もこの方法をよく使いますが、火の取り扱いには特に注意が必要です。

スポイトの活用

スポイトを使うのも、気泡除去には非常に効果的です。

スポイトの先端は細くて尖っているため、気泡除去に最適です。

この方法は簡単で、気泡がある部分にスポイトを近づけて吸い上げるだけです。
しかし、力の加減には注意が必要です。
強く吸いすぎると、レジン液を間違って吸い取ってしまう可能性があるので、吸引の際は力加減に気をつけましょう。

綿棒を使った気泡除去

綿棒も、気泡除去に有効なアイテムです。

気泡ができた箇所に綿棒の先端を軽く当てると、気泡を消すことができます。
ただし、使用する際は少し注意が必要です。
綿棒の繊維がレジンに混ざることがあり、そのためには綿棒で軽く触れる程度にし、強く押し付けないようにしましょう。

暖かい場所の利用

暖かい場所にレジンを置くことで、簡単に温めて気泡を取り除くことができます。

お湯を入れた容器にラップを張り、その上にレジンを置くだけでOKです。

また、冬場はホットカーペットやこたつを利用するのも良いでしょう。
ただし、この方法は時間がかかるため、余裕を持って行うことがおすすめです。

家にある身近な物を使って、レジンの気泡を除去する方法は数多くあります。
エンボスヒーターがなくても、これらの方法を試せば、気泡を取り除くことができ、複数の方法を組み合わせるのも効果的です。



エンボスヒーターとは:ハンドメイドに不可欠なアイテム


エンボスヒーターは、クラフト作業に最適な暖風を出すハンディサイズの便利なアイテムです。
ほとんどのモデルは、120℃から150℃の低温から、250℃から300℃の高温まで調整できます。

エンボスヒーターはハンドメイド界で非常に重宝されていますが、初心者にはあまり知られていないこともあります。
私自身も、ハンドメイドを始めるまではエンボスヒーターの存在を知りませんでした。

エンボスヒーターは、レジンの気泡除去、プラバン作成、エンボス加工、プラスチック粘土の柔らかさ調整、キャンドル作成など、様々なクラフト作業に使用できます。

特にレジンクラフトでは、気泡の除去に頻繁に使われます。

エンボスヒーターはオンラインで約2,500円で入手可能ですが、一般のホームセンターや家電量販店では見かけることは少ないです

エンボスヒーターを使ったプラ板クラフトの魅力


これまでエンボスヒーターの代用品をご紹介してきましたが、今回はエンボスヒーターを使ったプラ板クラフトの作り方をご紹介します。

プラ板は、色を塗ってオーブントースターで熱処理することで作るプラスチック製のハンドメイドアイテムです。
100円ショップで簡単に手に入り、気軽に楽しめるため人気です。
しかし、通常はオーブントースターが必要ですが、エンボスヒーターを使ってもプラ板を作ることができます。

オーブントースターでクラフト作業をするのに抵抗を感じる方には、エンボスヒーターがおすすめです。

プラ板作成に必要なものは以下の通りです。
作成時の参考にしてください。

  • プラ板
  • エンボスヒーター
  • プラ板を置く台2つ(うち1つはプレス用)
  • 熱から手を守るための保護手袋
  • ピンセット(あれば)

エンボスヒーターは高温になるため、プラ板を置く台の材質には注意が必要です。

事前準備

プラ板クラフトに取り組む前に、厚めの板や本を2枚用意し、クッキングシートを貼って作業台を準備します。
1枚はプラ板を乗せるため、もう1枚は加熱後にプラ板を平らにするためのプレスとして使用します。
特に小さいプラ板を加工する際は、アルミホイルを皿の形にして、その上にクッキングシートを敷いた台が適しています。

アルミホイルをしわにしてから伸ばし、中央を少し凹ませるとプラ板が飛びにくくなります。

もし、余分なアウトドア用のアルミ皿があれば、その耐熱性を利用するのも良いでしょう。

作成手順

  1. プラ板に好きなデザインを描く
  2. 準備した台にプラ板を置く
  3. 周囲に燃えやすい物がないか確認する
  4. エンボスヒーターをプラ板から5cm以上離して温風を当てる
  5. 均等に風を当ててプラ板が縮むのを待つ
  6. 平らになったら、プレス用の板や本で形を整える

プラ板が冷めたら、作品の完成です!
エンボスヒーターでプラ板を作る方法は、クラフト初心者や手先が不器用な方にも簡単に楽しめます。
エンボスヒーターを持っている方は、オーブントースターの代わりとして使ってみるのも良いアイデアです。

エンボスヒーターを使ったプラ板クラフトは、創造性を刺激し、あなたのハンドメイドライフをより楽しくします。



エンボスヒーターの代替案まとめ

この記事でご紹介したのは、家にあるものを活用した「エンボスヒーターの代替品8選」です。

エンボスヒーターの代わりになる8つの方法は、「湯煎する、家庭用ヘアドライヤーを使う、ヘアピンで気泡を除去する、爪楊枝で気泡を除去する、ライターやチャッカマンを使う、スポイトを利用する、綿棒を使う、暖かい場所を活用する」といったものです。
エンボスヒーターは、手作業やクラフト制作に最適な温風を出すコンパクトな道具です。

エンボスヒーターとドライヤーの大きな違いは、「温度設定と風量」にあります。
ドライヤーも大きな気泡を除去するのには有効ですが、細かい気泡の処理にはエンボスヒーターがより適しています。

また、プラ板を作る際には、エンボスヒーターをオーブントースターの代わりに使用することができます。

エンボスヒーターの便利さと、代替方法の多様性により、クラフト作業をさらに楽しく、かつ安全に進めることが可能です。

これらのアイデアを駆使して、ハンドメイドで世界に一つだけの特別なアイテムを作成してみましょう。

コメント

%d
タイトルとURLをコピーしました