紐通しの代用品は?ビーズタイプのおもちゃの作り方! | はちみま

紐通しの代用品は?ビーズタイプのおもちゃの作り方!

工作
アフィリエイト広告を利用しています

育児の中で、子供の成長に合わせた遊びは一つの楽しみです。

「紐通し」の代用おもちゃが100均アイテムで手軽に作れることをご存知でしょうか?

この記事では

  • 1~3歳向けのビーズタイプの紐通しの代用品
  • 4歳以上向けのボードタイプの代用品

など幅広い年齢層に対応した代用おもちゃのアイデアをご紹介しています。

子供が安全に楽しめる作り方や、100均ショップで手に入る材料など、詳細な手順も解説しています。

また、手作りの「おもちゃ」は子供が喜ぶだけでなく、親が楽しむこともできるのが魅力です。

成長過程で必要な適切な遊びを提案し、その遊びがもたらす共感や価値に焦点を当てています。

お子さんの発達段階に合わせて「紐通し」の楽しさを発見し、親子での楽しい時間を共有しませんか?

手軽に作れる代用おもちゃのアイデアが満載なので、子供の成長と共に、新しい遊びを見つけるヒントになることでしょう。

記事を読んで、家庭での楽しい工夫を見つけ、子供との絆を深めましょう。

目次

スポンサーリンク

1~3歳向け・ビーズタイプ紐通しの代用おもちゃ

「紐通し」を子供と楽しむなら、おおよそ1歳が最適な時期といえます。

1歳になると、お座りも上手にでき、指先も器用になり始めます。

自分で「紐通しのおもちゃ」を手作りするなら、100均で必要な材料が手に入ります。

最初に、ビーズタイプの「紐通し」のおもちゃの作り方を紹介します。

ビーズタイプには、様々な大きさや紐の太さがあります。

注意点として、1歳の子供には大きなビーズと太い紐を選ぶことが大切です。

大きなビーズは、万が一口に入れても安心して遊ばせられます。

100均ショップには、星形やカラフルなビーズなど、さまざまな種類が揃っています。

子供が興味を持ちそうなものを選んで、紐に通して遊ばせましょう。

手作りの「おもちゃ」なら、子供も喜んでくれることでしょう。

4歳以上向け・ボードタイプ紐通し代用おもちゃ

「紐通し」にはいくつかの種類があり、その中にはボードタイプもあります。

市販の商品は、通常このようなものです。

↓ ↓ ↓

ボードタイプの「紐通し」は、ボードに穴が開いており、そこに紐を通して遊ぶものです。

4歳以上になると、このタイプに興味を持つでしょう。

木製品が主流で、購入すると高価になりますが、100均ショップで販売されている穴あきボードが便利です。

穴あきボードなら、自分で穴を開ける手間が省けます。

また、100均ショップで買える太い毛糸を通せば、簡単にボードタイプの紐通しができます。

穴あきボードが見当たらない場合は、厚紙を使用して穴あけパンチを利用して穴を開けることもできます。

さらに、100均で手に入る紐通しの代用おもちゃには様々なものがあります。

例えば、夏になると100均ショップでプールスティックと呼ばれる棒が販売されます。

これを切って紐を通すだけで「紐通し」になります。

この棒は大きさも程よく柔らかいため、小さな子供でも安心して使えます。

また、フェルトを電車の形に切って紐を通すと、可愛らしい「ひも通し」ができます。

途中でタピオカストローを通すと、一段と楽しくなります。

フェルトのものは子供が飽きても、部屋のインテリアとしても利用できます。

「紐通し」だけでなく、インテリアとしても活用できるのが魅力的です。

挑戦してみてくださいね。

まとめ

今回は、1~3歳向けと4歳以上向けの「紐通し」の代用となる100均の「おもちゃ」をご紹介しました。

手作りの「おもちゃ」なら、子供が喜んでくれることでしょう。

また、成長に合わせて新しい「おもちゃ」を選ぶのも楽しいですね。

子供と一緒に「紐通し」の遊びを楽しんでください。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました