iPadのバッテリー交換のタイミングは?交換方法についても紹介!

iPad iPad
アフィリエイト広告を利用しています

iPadのバッテリーは、使用頻度や充電方法によって劣化します。

劣化すると、充電の持続時間が短くなったり、電源が急に切れたりする不具合が生じる可能性があります。

もしiPadを使用中に「以前よりもバッテリー残量が早くなくなった」と感じたら、バッテリーの交換時期が近づいているかもしれません。

この記事では、iPadのバッテリー交換について、手順や費用、注意点などを紹介します。

ぜひ参考にしてください。

目次

iPadのバッテリー交換のタイミングは?

まず、iPadのバッテリーが交換が必要なタイミングについて詳しく説明します。

Appleの有料補償サービスである「AppleCare+」では、端末のバッテリー容量が本来の80%未満に低下している場合、無償でバッテリーを交換できます。

iPadに限らず、Apple製品のバッテリー交換の目安は一般的に「バッテリー容量が本来の80%を下回った時点」と考えられます。

Appleによれば、iPadのバッテリーはフル充電サイクルを1,000回繰り返すことで、本来の容量の最大80%を維持できるように設計されています。

したがって、毎日充電している場合、約2年半から3年ほどがバッテリー交換の目安となります。

ただし、これはあくまで目安であり、バッテリーの不具合がある場合は早めに交換を検討することが重要です。

iPadのバッテリーを交換する方法

次に、iPadのバッテリーを交換する方法について説明します。

方法1: Appleストアで交換する

AppleCare+に加入していれば、Appleストアで最大容量が80%未満のバッテリーを無料で交換できます。AppleCare+に加入していなくても、初期不良などの場合は1年間の保証が適用される可能性があります。

近くにAppleストアがない場合は、正規サービスプロバイダに修理を依頼することもできます。

注意点:

  • 費用が高額になる可能性があるため注意が必要。
  • 修理時にiPadが初期化される可能性があるため、事前にバックアップを取ることが推奨されます。

方法2: 修理業者で交換する

Appleストア以外の修理業者でもバッテリー交換が可能ですが、非純正パーツを使用する可能性が高いためAppleの保証は適用されません。

費用は業者によって異なります。

方法3: 自分で交換する

自分でバッテリーを交換することも可能ですが、失敗するとiPadが故障する可能性があります。

純正バッテリーは通販で入手できず、品質にも不安が残ります。

次に、バッテリー交換にかかる費用について説明します。

Appleストアでの費用

費用はiPadのモデルによって異なります。

AppleCare+に加入している場合は追加費用は発生しません。

例えば、第10世代iPadは18,800円、第6世代iPad Proは28,800円などです。

修理業者での費用

修理業者によって費用が異なりますが、相場としてはiPadで12,000~13,000円、iPad Proで18,000円ほどが一般的です。

自分での費用

自分で交換する場合は、作業費はかからずバッテリー本体と道具代が費用になります。

相場は4,000~5,000円程度ですが、純正バッテリーは入手が難しく品質の不安も考慮する必要があります。

最後に、iPadのバッテリーが劣化する原因と対策について述べます。

iPadのバッテリーが劣化する主な原因は充電です。

充電回数を減らすような使い方や、消費電力の大きいアプリや操作を避けることが効果的です。

Appleはバッテリー駆動時間と耐用年数を延ばすために、ソフトウェアのアップデートや低電力モードの利用を勧めています。

コメント

%d
タイトルとURLをコピーしました