基本モデルのiPadでできないことは何?

iPad iPad
アフィリエイト広告を利用しています

このブログでは、初めてiPadを購入する方に、基本モデルのiPadを推薦しています。

手頃な価格にもかかわらず、必要にして十分な性能を備えたコストパフォーマンスに優れた選択肢として、基本モデルのiPadがあります。

もっとも、最もお手頃なモデルだからといって、「できないことがあるのでは?」と心配になるのは自然なことです。

確かに特定の機能には制約がありますが、基本モデルのiPadでも大抵のことは可能です。

今回は、基本モデルのiPadでできないことに焦点を当ててみましょう。

目次

基本モデルのiPadでは不可能なこと

まず簡単に、基本モデルのiPadでできないことを見てみましょう。

実際には、高機能モデルと比較しても、限られた点に過ぎません。
しかし、高度なマルチタスクや動画編集、イラスト制作には制限があります。

基本モデルのiPadは、価格を抑えながらも、iPhone 12シリーズと同等のA14 Bionicチップを搭載しているため、iPadで行いたいほとんどの作業をスムーズに処理できます。

基本的な用途に限れば、高機能モデルと変わらない体験が可能です。

基本モデルのiPadでも、iPadとしての主要な機能はほぼ全て使用できます。

ただし、高度なマルチタスクや動画編集、イラスト制作に関しては制限があります。

これらの用途を重視する場合は、iPad AirやiPad Proなどの高機能モデルが適しています。

基本モデルのiPadでできない4つの主要な制約

基本的には、基本モデルのiPadでほとんどの機能を利用できますが、価格が最も手頃なモデルであるため、いくつかの制約があります。

以下に、基本モデルのiPadでできない主な例を挙げます。

ステージマネージャー機能の欠如

ステージマネージャーは、ウィンドウを自由に配置し、効率的なマルチタスクを可能にする機能です。
これにより、iPadをノートパソコンのように使用できますが、この機能はiPad ProとiPad Airに限定されており、基本モデルのiPadでは使用できません。

しかし、Split ViewやSlide Overのようなマルチタスク機能は基本モデルのiPadでも利用可能です。

iPad版 Final Cut Proの非対応

本格的な動画編集アプリであるiPad版Final Cut Proは、基本モデルのiPadでは使用できません。
このアプリは、M1チップ以降を搭載したiPad ProとiPad Airでのみ利用可能です。

それでも、LumaFusionのような他の人気の動画編集アプリは基本モデルのiPadでも快適に使用できます。

Apple Pencil 第2世代の非対応

最新の基本モデルのiPad(第10世代)は、ホームボタンがないデザインを採用していますが、Apple Pencil 第2世代には対応していません。
第9世代および第10世代の基本モデルのiPadは、第1世代のApple PencilおよびUSB-Cモデルと互換性があります。

これにより、第2世代のApple Pencilの提供する、ダブルタップによるツールの切り替えや、iPadの側面に取り付けて充電する機能を利用することはできません。

しかし、描画やメモ取りなどの基本的な機能は、第1世代のApple Pencilでも実現できます。
第2世代が提供する便利な機能はありますが、基本的な用途では大きな差はありません。

Apple Pencilによる精密な描画の難しさ

基本モデルのiPadでは、上位モデルと比べてApple Pencilを用いた精密な描画がやや難しい場合があります。
これは、基本モデルがフルラミネーションディスプレイに対応していないため、画面が少し奥にあるからです。

その結果、Apple Pencilを置いた位置と描画される位置にわずかなずれが生じることがあります。
しかし、ノート取りや基本的なイラスト作成など、ほとんどの用途では十分に機能します。
ただし、非常に正確な線を引きたい場合や本格的なイラスト作成には、基本モデルよりも上位モデルの方が適しているかもしれません。

フルラミネーションディスプレイの差を実際に体験するかは個人差があるため、購入前に実際のデバイスで試してみることをお勧めします。

基本モデルのiPadでも満足できる範囲は広い

基本モデルのiPadは、高度なマルチタスク、本格的な動画編集、詳細なイラスト作成など特定の用途には制限があります。

しかし、これらを除くと、iPadが提供する機能のほとんどは基本モデルでも利用可能です。

最新の第10世代は、非常に高性能なA14 Bionicチップを搭載しており、クリエイティブな用途を含む多くの作業で優れたパフォーマンスを発揮します。
そのため、iPadで行いたいほとんどの作業は、基本モデルから始めても問題ありません。

基本モデルのiPadは、その手頃な価格にも関わらず、日常の使用から学習、仕事、さらには創造的な活動まで、幅広いニーズに対応することができます。

特に、初めてiPadを購入する方やコストパフォーマンスを重視する方にとって、このモデルは非常に魅力的な選択肢です。
最先端の技術や特化した機能に特別な価値を見出さない限り、多くのユーザーにとって基本モデルのiPadは満足のいく選択となるでしょう。
このデバイスは、使いやすさ、信頼性、そしてApple製品特有の洗練されたエコシステムへのアクセスを提供します。

Appleのエコシステム内での連携機能も、基本モデルのiPadの魅力の一つです。

iCloudを通じたデータの同期、AirDropを使ったファイルの簡単な共有、FaceTimeを通じたビデオ通話など、他のAppleデバイスとのシームレスな連携が可能です。

これらの機能は、ユーザーが日常的に便利に利用できるもので、学業や仕事、個人的な使用においても大きな価値を提供します。

また、App Storeには、教育、仕事、エンターテイメント、健康管理など、あらゆるカテゴリーにわたる数百万のアプリがあり、基本モデルのiPadでもこれらのアプリを存分に活用することができます。
これにより、ユーザーは自分のニーズに合わせてデバイスをカスタマイズし、様々な活動をより豊かにすることが可能です。

基本モデルのiPadは、特に教育分野での利用が推奨されています。
手頃な価格でありながら、学生や教師が授業で必要とするほぼ全ての機能を提供します。
オンライン学習資料の閲覧、プレゼンテーションの作成、ノートの取り方、さらにはリモート学習におけるコミュニケーションツールとしても、このデバイスは優れた選択です。

結論として、基本モデルのiPadは、高価なモデルへの投資が難しいユーザーや、iPadの基本的な機能を求めるユーザーにとって、理想的な選択肢です。
このデバイスは、価格の面でアクセスしやすいだけでなく、教育、ビジネス、個人的な使用の幅広いシナリオに対応する汎用性と機能性を兼ね備えています。
Appleのエコシステムとの互換性もあり、長期的に見てもユーザーに大きな価値を提供し続けるでしょう。

コメント

%d
タイトルとURLをコピーしました