捨てメアド(メルアドぽいぽい)は安全?使用時のリスクとは

メ-ル デジタル
アフィリエイト広告を利用しています

新規リリースされるアプリやサービスを利用する際、その安全性やウイルスへの感染リスクに不安を感じることは珍しくありません。

これらの懸念を払拭するため、アプリやサービスを試す前にその安全性を確かめる目的で一時的に使用するメールアドレス、すなわち「捨てメアド(メルアドぽいぽい)」が便利です。

しかし、このような一時的メールアドレス自体の安全性についてはどうでしょうか?

この記事では、以下の3つのポイントについてご紹介します。

  • 捨てメアド(メルアドぽいぽい)とは何か
  • その作成方法
  • 提供企業について

この記事を通じて、捨てメアド(メルアドぽいぽい)の使い方やその安全性に関する知識を深め、少しでも不安を感じるようなサービスを利用する際に備えておきましょう。

目次

捨てメアド(メルアドぽいぽい)とは?

メ-ル
捨てメアド(メルアドぽいぽい)は、メール容量やアドレス作成数に制限がなく、iOSやAndroidのアプリ版も提供されている便利なサービスです。

すべての通信は暗号化され、メールアドレス生成時にIDとパスワードが設定されるため、セキュリティは高く、不正利用の心配がありません。

通常、メールは30日で自動的に削除されますが、保存機能を利用することで大切なメールを保持することも可能です。
そのため、捨てメアド(メルアドぽいぽい)は日常的な使用にも適しています。

このサービスは海外企業によって運営されることが多いですが、日本語対応がしっかりしているため、日本のユーザーにとっても非常に使いやすいと言えるでしょう。

捨てメアド(メルアドぽいぽい)の安全面は?危険性についても解説

安全
捨てメアド(メルアドぽいぽい)の安全性に関して、以下の視点から深掘りしていきます。

  • 捨てメアド(メルアドぽいぽい)の運営主体
  • メールデータへの法的保護の範囲

それでは、詳細に見ていきましょう。

捨てメアド(メルアドぽいぽい)の運営主体は?

捨てメアド(メルアドぽいぽい)は、特定の企業が管理するわけではなく、Kukusama氏という個人が趣味で運営しているサービスです。

Kukusama氏は他にも多数のサービスを手がけており、2023年3月には新機能を追加するなど、ユーザーの利便性向上に努めています。

そのため、今のところはサービスの利用に問題はないと見られますが、個人運営であるため、予期せぬサービス終了のリスクもゼロではないことを覚えておく必要があります。

メールのプライバシーは保護される?「信書開封罪」の適用外

「信書開封罪」とは、物理的な手紙の封を無断で開けた場合に適用される罪ですが、この法律は紙の手紙に限定され、電子メールには適用されません。
捨てメアド(メルアドぽいぽい)の運営者であるKukusama氏がユーザーのメールを閲覧しても、法的に違法ではない可能性があります。
ただし、すべてのメールが閲覧されるわけではないので、機密情報を含むメールの扱いには注意が必要です。

まとめ

これらの点を踏まえると、新しいサービスの安全性を確認するために捨てメアド(メルアドぽいぽい)を使うことは有用です。
しかし、電子メールに「信書開封罪」が適用されないことから、機密情報を含む重要なデータのやり取りには適さないと言えます。
捨てメアド(メルアドぽいぽい)は、メールアドレスの消失が問題にならない範囲で使用し、機密性の高い情報は扱わない方が安全であり、リスクを避けることができます。

コメント

%d
タイトルとURLをコピーしました