テレビスタンドで配線を隠す方法!おしゃれな収納テクニック

生活
アフィリエイト広告を利用しています

「賃貸でもスタイリッシュな部屋を作りたい!」そんな思いで、テレビスタンドを使って壁掛け風のテレビ設置に挑戦しました。

ただ、配線が上手く隠せないと、乱雑な印象になってしまいます。
そこで、テレビの周囲をきれいに見せる配線隠しの方法を探りました。

テレビ周辺の配線は、専用のカバーや収納ボックスを利用することで、洗練された見た目に隠すことができます。
どんなアイテムがあり、どのように隠すことができるかをご案内します。

これらの方法を活用し、テレビスタンドにテレビをきちんと設置し、賃貸住宅でもスタイリッシュな空間を実現しましょう。

目次

テレビスタンド周りの配線隠しのコツ


テレビスタンドで部屋をモダンに見せたいけれど、配線が見えると雑然とした印象になりがちです。

「配線を上手に隠せば、テレビ周辺もスッキリ見えるのに」と思っていませんか?

実は、専用のカバーやボックスを使うことで、配線をきれいに隠し、整然とした印象を与えることができます。
ここでは、部屋を洗練させるための配線隠しの方法を紹介します。

これらの方法を取り入れて、テレビスタンドを活用し、スタイリッシュな部屋を作りましょう。

配線隠しに役立つアイテム

  • 配線カバー
  • ケーブルチューブ
  • 塩ビパイプ
  • ワイヤーネット
  • マジックテープ
  • インテリアパネル
  • カゴやボックス

これらのアイテムを使った具体的な方法を詳しくご紹介します。

配線カバーを使った隠し方

最初の方法は、配線カバーを使って配線を隠すことです。
目立つ配線部分にカバーをかぶせ、床や壁に固定できます。
壁と床の境界線に設置すると目立ちにくくなります。

配線カバーは、オンラインショッピングや低価格店で簡単に手に入ります。

ケーブルチューブの利用法

テレビスタンドの裏で、ケーブルチューブを使って配線をまとめると、見た目がスッキリします。
使い方は簡単で、まとめたい配線をチューブに巻くだけです。

ケーブルチューブもオンラインショッピングや低価格店で購入できます。手軽に購入できるので、すぐに配線を整理できますね。

塩ビパイプを使った配線整理

テレビの配線をすっきりと隠す方法の一つとして、塩ビパイプを使う方法があります。
塩ビパイプは軽量でカットしやすく、部品を差し込むだけで長さや角度を簡単に調整できます。
さらに、部屋のインテリアに合わせて塗装すれば、おしゃれな雰囲気も演出できます。
配線を収める際には、パイプの太さや長さを適切に選ぶことが大切です。

ワイヤーネットで配線を隠す

ワイヤーネットを活用することで、配線をコンパクトに隠すことができます。
まずワイヤーネットをテレビスタンドの裏など、目立たない場所に設置します。
次に、結束バンドで配線をワイヤーネットに固定すると、配線が目立たずスッキリします。
ワイヤーネットや結束バンドは100円ショップで簡単に手に入ります。

マジックテープを利用した配線整理

マジックテープを使うと、テレビの裏面に延長コンセントを固定し、配線をスッキリさせることができます。
両面テープ付きのマジックテープを使用すると、延長コンセントが目立たず、すっきりとした印象になります。
このタイプのマジックテープは100円ショップで購入可能です。

インテリアアイテムで配線を隠す

テレビスタンドから見える配線を、パネルやインテリアアイテムで上手く隠す方法です。
お気に入りの写真やアートを飾ることで、部屋の雰囲気を引き立てながら配線を隠すことができます。

ボックスやかごで配線を収納

ボックスやかごを使って配線をまとめて収納するのも一つの方法です。
部屋のテイストに合わせたかごに配線を入れて、布などをかぶせると配線が目立ちません。
100円ショップで手に入る蓋つきのケースを使用すれば、配線にホコリが付く心配もありません。

さまざまな配線隠し方法を紹介しましたが、いくつか共通の注意点があります。

配線を隠す際の注意点

  • 定期的にホコリを取り除くこと
  • 電力消費を確認し、過度にコードを束ねないこと
  • たこ足配線を避けること

ホコリがコンセントにたまると、湿気を吸って漏電の原因となり得ます。
また、コードを過度に束ねたり、たこ足配線をしたりすると、発火のリスクが高まります。
これらの点に注意して、安全に配慮しながら上記の方法を実践しましょう。



おすすめのテレビスタンド用配線収納アイテム

配線を隠すグッズが多くて、どれを選んだら良いか迷っている方に向けて、配線をきれいに整理できるアイテムをピックアップしました。

ケーブルボックスやテレビ裏に取り付けられる電源タップホルダーなど、さまざまな選択肢があります。

まずおすすめするのは、おしゃれなデザインのケーブルボックス。


ブラックやホワイトなど、多様なカラーバリエーションがあり、部屋の装飾に合わせて選べます。
コンセントやケーブルをこのボックスに入れるだけで、すっきりとした見た目になりますが、100円ショップの商品と比べると少し高価です。

次に、電源タップをテレビの裏側に設置できる便利なプレート。


テレビスタンドにも取り付けられ、前から見ても配線が隠れるデザインです。
マグネット式の延長コードを使えば、横にも設置可能ですし、結束バンドも付属しているので、固定も手軽です。

最後にご紹介するのは、アイリスプラザのHDDホルダー。
テレビスタンドでHDDを使いたい時には特にお勧めです。
このホルダーを使用すれば、HDDをテレビの裏側に収納可能です。ゴムが付いているので、HDDの落下を防ぎ、ルーターやモデムなど厚さ6.8cm以下の機器も置けます。

これらのアイテムを活用すれば、テレビ周りをスッキリさせて、快適なリビング空間を作ることができます。

壁掛け風テレビスタンドで配線をスマートに隠す方法


テレビスタンドを選ぶ際、配線を簡単に隠せるモデルがあると便利ですよね。
多様なアイテムを使って配線を隠すのも一つの方法ですが、元から配線を隠しやすいテレビスタンドがあればもっと楽になります。

そこでおすすめなのが、壁掛け風テレビスタンドです。これらのスタンドはスタイリッシュな見た目が特徴で、実用性も抜群です。


ユーザーレビューによると、価格が少し高めであったり、黒色のモデルは傷が目立ちやすいことが指摘されています。
しかし、その外見の良さや安定感については高い評価を受けています。

デザインやカラーバリエーションも豊富で、お部屋にぴったり合うスタンドを見つけやすいです。
壁掛け風スタンドの利点は、その背面に配線を収納するスペースがしっかりと確保されていることです。

オプションでレコーダーや他の機器を置く棚板も充実しているので、自分のライフスタイルに合わせて追加することができます。


まとめ

テレビ周りの配線隠しには配線カバーや塩ビパイプなど多様な方法があります。
配線を隠す際は、束ね方やホコリ、危険なたこ足配線に注意が必要です。
ケーブルボックスを使用する、テレビ裏に収納スペースを設けるなどの方法もあります。
壁掛け風テレビスタンドは背面の配線収納スペースが広く、オプションの棚板も豊富です。
配線の隠し方は様々なので、部屋の雰囲気やテレビスタンドに合わせた方法を選ぶことができます。
配線を上手に隠すことで、お部屋の見た目がすっきりし、テレビスタンドを活用しておしゃれな空間を作ることができます。
ただし、配線のまとめ方には注意して安全を確保しましょう。理想の部屋を作るために、適切な配線隠し方を見つけましょう。

コメント

%d
タイトルとURLをコピーしました