テレビスタンドとテレビ台の組み合わせは可能?おすすめの商品もご紹介!

生活
アフィリエイト広告を利用しています

スタイリッシュな部屋作りのために選んだお気に入りのテレビ台。このテレビ台を活かしつつ、テレビスタンドと組み合わせることはできるのか、調べてみました。

もしテレビスタンドとテレビ台が組み合わせられたら、好きなテレビ台をそのままに、テレビスタンドでテレビを安定させることが可能かもしれませんね。

実は、テレビ台とテレビスタンドの種類によっては、組み合わせて使うことができます。

組み合わせる際のポイントや注意点などもご紹介していきます。

テレビスタンドとテレビ台を組み合わせることで、子どもがテレビを倒す心配も少なくなり、スタイリッシュな部屋を実現できます。

目次

テレビスタンドとテレビ台、併用は可能!


テレビスタンドとは、テレビの背面をボルトで固定するスタンドタイプのテレビ台のこと。
このスタンドを使うと、部屋が広く見え、スッキリとした印象になります。

ボルトでしっかり固定することで、子どもが押してもテレビが倒れる心配が減ります。
ただテレビ台に置くだけでは、子どもが触れると倒れそうで心配ですが、ボルトで固定すればその心配もなくなります。

ただし、テレビスタンドの欠点としては、収納スペースが少ないことや、コードがごちゃごちゃになりがちな点があります。
テレビ周辺機器を整理するには、やはりテレビ台が便利です。

テレビスタンドとテレビ台を併用すれば、収納スペースも増え、テレビの安定性も向上します。

実際にテレビ台とテレビスタンドを併用することは可能で、子どもに倒される心配が減り、整理整頓もしやすくなります。

テレビスタンドにテレビを置くことで、子どもとテレビの適切な距離を保つことができます。

テレビスタンドとテレビ台を併用することで得られるメリットは多いです。

突っ張り棒タイプのテレビスタンドを選ぶと、さらにテレビの安定性が高まります。

併用する際の注意点もありますので、これからご案内します。

併用時の注意点

「テレビスタンドとテレビ台を購入したのに、組み合わせられなかった」という事態を避けるためにも、併用する際のポイントを把握しておきましょう。

テレビスタンドとテレビ台を併用する際のポイント

テレビスタンドを選ぶ時は、収納機能がないモデルが適しています。

一方でテレビ台を選ぶ際には、テレビスタンドの足が収まるような下部空間があるタイプが良いでしょう。

収納棚付きのテレビスタンドでは、テレビ台を前に置くことが難しいので注意が必要です。

テレビスタンドの前にテレビ台を配置する場合は、スタンドの足がテレビ台の下に収まるタイプを選びましょう。足付きのテレビ台がおすすめです。

テレビスタンドとテレビ台、どちらを選ぶ?


テレビスタンドとテレビ台のどちらか一方しか選べない場合も考えられます。
テレビスタンドはスペースを取らず部屋を広く見せますが、テレビ台は収納力に優れています。

子どもがテレビに触るリスクを考えると、ボルトでしっかり固定されたテレビスタンドが安心です。
しかし、小学生になるとテレビゲームなどの収納にはテレビ台が便利です。

それでは、テレビスタンドとテレビ台のそれぞれのメリットとデメリットを詳しく見ていきましょう。

テレビスタンドのメリットとデメリット

テレビスタンドのメリット
  • 省スペースで部屋を広く見せる
  • 小さい土台で済むため、部屋を広く感じさせる
  • コーナーや壁際など、様々な場所に配置しやすい
  • 高さ調節が可能で、高い位置に設定すれば子どもの手が届きにくくなる
  • 首振り機能付きで角度調整が可能

テレビスタンドは、場所を取らず部屋を広く見せることが可能です。
高いタイプや低いタイプがあり、視聴スタイルに合わせて高さを選べるのも魅力です。高さや角度を調整できるモデルもあり、視聴場所に合わせて最適な設定が可能です。

テレビスタンドのデメリット
  • 収納スペースが限られる
  • 配線が整理されていないと、乱雑に見えることがある

テレビスタンドは、収納スペースが少ないため、テレビ台と比べると収納力に劣ります。
また、配線を上手く整理しないと、乱雑な印象を与えることがあります。

テレビ台のメリットとデメリット

テレビ台のメリット
  • 多くの収納スペースを確保できる
  • テレビ周辺機器を隠してすっきり収納可能
  • 引き出しがあると小物の収納に便利
  • 種類が豊富で、インテリアに合わせやすい

テレビ台は、特に収納力に優れています。
豊富な収納スペースのおかげで、テレビ周辺機器や小物類を整理整頓しやすくなります。
さらに、デザインのバリエーションが豊富なので、部屋のインテリアに合わせて選ぶことができるのも大きな利点です。

テレビ台のデメリット
  • テレビスタンドに比べて場所を取ることがある
  • 大きいサイズの場合、移動が困難になることがある

テレビ台は、大型のものだとスペースを多く占め、部屋を狭く感じさせることがあります。
また、一度設置すると移動が難しく、レイアウトの変更がしにくいのもデメリットです。
テレビスタンドと比較して、設置場所を慎重に選ぶ必要がある点に注意が必要です。

テレビ台のデメリットを解説

大きなテレビを設置する際、それに見合うサイズのテレビ台が必要となり、結果的に広いスペースを確保する必要が生じます。
さらに、子どもが手が届く位置にテレビがあると、倒れるリスクが増し、心配の原因となります。
テレビ台を置く際は、必要なスペースを考慮すると同時に、子どもの安全面も配慮することが重要です。
安全対策として、テレビ台の周りにベビーゲートを設置することが効果的です。


おすすめのテレビスタンドとテレビ台を紹介!


テレビスタンドとテレビ台を組み合わせることで、収納の便利さとテレビの安定性を両方手に入れることができます。
これにより、テレビの高さ調整やしっかりした固定が可能になります。

しかし、多くの種類があるテレビスタンドやテレビ台の中からどれを選ぶべきか迷うこともあるでしょう。

そこで、テレビスタンド単体でも、またテレビ台との組み合わせでも使いやすい、おすすめの商品をいくつか紹介します。

テレビスタンドのおすすめ商品
TV STAND VENUS Adjust

1つ目のおすすめは、「TV STAND VENUS Adjust」です。
このスタンドは高さ調整が簡単で首振り機能も備えており、収納棚は取り外しや高さ調整が可能です。
これによりテレビ台との併用もしやすくなっています。
カラーバリエーションはブラウン、ホワイト、オーク、グレーアッシュ、ストーングレーの5種類から選べるので、インテリアに合わせやすいです。

配線をスマートにまとめられる設計も魅力の一つです。

WALL V2LOW TYPE

2つ目のおすすめ商品は「WALL V2LOW TYPE」です。


このモデルは5段階に高さ調整が可能で、約5cmという薄さが特徴です。
壁にぴったりとくっつくようなデザインで、スタイリッシュな印象を与えます。
様々な色が選べるテレビスタンドも存在します。
例えば、サテンブラック、サテンホワイト、ウォールナットの3色展開があります。

Varial

3番目におすすめするテレビスタンドは「Varial」ブランドの製品です。


このスタンドは棚板が取り外し可能で、ブラックとホワイトの2色が選べます。
ガラスの天板が特徴的で、洗練されたデザインが目を引きます。
ただし、全てのテレビモデルに対応しているわけではないので、購入前にはテレビとの互換性を確認することが大切です。

テレビ台のおすすめ
テレビ台を選ぶ際は、お手持ちのテレビのサイズに合わせて選ぶことが重要です。

SASHA

1つ目のおすすめテレビ台は「SASHA」です。
このテレビ台はコンパクトなサイズで、限られたスペースにも適しています。
ホワイトとブラウンの2色があり、3つの収納スペースが付いているので、テレビ周辺機器を整理しやすくなっています。
また、足が付いているため、テレビスタンドとの併用も可能です。

2つ目のおすすめは大川家具製のステンレス天板のテレビ台です。
ホワイト、モルタルグレー、ブラックの3色があり、どれもスタイリッシュな外観が特徴です。
このテレビ台はテレビスタンドと組み合わせても良い相性を見せます。

まとめ

テレビスタンドとテレビ台は併用することで、それぞれの良さを最大限に活かすことができます。
テレビスタンドはテレビをしっかりと固定し、子どもが触っても倒れにくい安全性があります。
一方でテレビ台は、収納力が豊富で、テレビ周辺機器をすっきり収納できます。
テレビスタンドは高さや角度の調整が可能で、コードをきれいにまとめられるモデルがおすすめです。
テレビ台はテレビのサイズに合わせて選ぶのが良いでしょう。

テレビスタンドの前にテレビ台を配置することで、収納スペースを確保し、子どもとテレビの適切な距離を保つことが可能です。
自宅のインテリアに合ったテレビスタンドを選べば、子どもがテレビを倒す心配から解放されます。
テレビスタンドとテレビ台を併用することで、スタイリッシュで安全な空間を作り出しましょう。

コメント

%d
タイトルとURLをコピーしました