家の中でワイヤレスイヤホンを見失った時の探し方!電源がオフの場合はどうする?

デジタル
アフィリエイト広告を利用しています

「ワイヤレスイヤホンをどこに置いたかな?」と思ったことはありませんか
私も家の中でワイヤレスイヤホンを見失って、探し回った経験が何度もあります。
今回は、家の中でワイヤレスイヤホンを見失った時の探し方や、電源がオフの場合の対処法について紹介します。

関連記事:
AirPodsのペアリングボタンを押しても点滅しない原因は?光らない・白くならないときの対処法

目次

家の中でワイヤレスイヤホンを見失った時の探し方


家の中で失くしたことが分かっていれば、最初に行動の軌跡をたどることが重要です。
ワイヤレスイヤホンを見つけるために、以下の方法を試してみてください。

最近着た衣服のポケットを徹底的に調べる

最近着ていた服のポケット、特に仕事着や休日の私服のポケットをよく調べてください。
焦って探すと見落とすことがありますので、落ち着いて探しましょう。
パンツのポケットや最近使ったバッグ、ソファの隙間やブランケットなど、隅々まで調べてみてください。

ポケットは裏返して確認するのが効果的です。

音を鳴らして探す

ワイヤレスイヤホンがスマートフォンに接続されていれば、音楽やYouTubeを大音量で再生し、音に耳を澄ませると良いでしょう。
また、イヤホンが光を発するタイプなら、部屋の電気を消して探すと見つけやすいです。
私も子供が触った後にイヤホンを見失ったことがあり、この方法で探したことがあります。

おまじないを試す

「たぬきが転んだ」と呟きながら探してみるというおまじないもあります。
私も以前、このおまじないを使って失くした物を見つけたことがあります。
ただし、おまじないはあくまでも一つの方法です。

電源がオフの場合の探し方

ワイヤレスイヤホンが充電切れで電源がオフになっている場合、探すのが少し難しくなります。
この場合は、部屋を徹底的に掃除してみると良いでしょう。
イヤホンが床に落ちていたり、家具の下に隠れている可能性があります。
部屋全体と家具の隠れた部分を掃除機できれいにすれば、ワイヤレスイヤホンが見つかるかもしれません。



ワイヤレスイヤホンを失くさないためのコツ


家の中でワイヤレスイヤホンを失くさないコツは、決まった置き場所を設けることです。
例えば、お皿のそばやテーブルの上、充電ケースの中など、固定の場所を作ると良いでしょう。
使用しない時は、直接カバンに入れずに専用のケースに収納することをおすすめします。

「あれ、どこに置いたかな?」という状況を減らすためにも、ケースへの収納を習慣にしましょう。
家の中では比較的見つけやすいですが、外出先での紛失を防ぐ効果も期待できます。

紛失する前に準備をしよう

ワイヤレスイヤホンの紛失を完全に防ぐことは難しいかもしれませんが、頻繁に失くしてしまう場合は、あらかじめ対策をしておくことも大切です。

保険や保証を活用する

ワイヤレスイヤホンによっては、紛失時の保証サービスがある場合もあります。
購入の際には、保証が付いている製品を選ぶことをおすすめします。
万が一見つからない時のために、保証書はしっかり保管しておきましょう。
また、モバイル保険に加入することも一つの方法です。
この保険は月額700円で、最大3台の端末を年間最大10万円まで補償してくれます。
アイフォン、スマートウォッチ、ワイヤレスイヤホンなど、保険対象の組み合わせは自由に選べます。

追跡アプリを使う

頻繁にワイヤレスイヤホンを紛失する場合、「Find My Bluetooth Device」のような無料アプリの利用が役立ちます

このアプリは、紛失したイヤホンがどれくらいの距離にあるかをメートル単位で表示し、近くにある時はバイブレーションで知らせてくれます(Cold、Warm、Hotと表示されます)。

イヤホンの電源が切れていない場合に特に有効です。



家の中でワイヤレスイヤホンを見つけるコツのまとめ

この記事では、家の中でワイヤレスイヤホンを見失った時の探し方について解説しました。
もし家の中でイヤホンが見つからない時は、家全体を隅々まで探したり、音楽を流してイヤホンの位置を探るといいでしょう。
電源がオフになっている場合は、家具の下や隅々を掃除機で掃除してみると見つかるかもしれません。

さらに、紛失を防ぐために保険に加入するなどの事前準備も有効です。
ワイヤレスイヤホンのための決まった置き場所を作ることで、失くすリスクを減らすことができます。
これらの方法を活用して、ワイヤレスイヤホンの使用をより安心して楽しんでください。

コメント

%d
タイトルとURLをコピーしました