列車内グリーン車のトイレの位置と利用規則について

豆知識
アフィリエイト広告を利用しています

列車のグリーン車内にあるトイレの位置を知っていますか?

グリーン車というと、何となく特別な雰囲気がありますよね。このグリーン車は、主にJR東日本が運営する首都圏の列車に設置されています。

今回は、グリーン車のトイレがどこにあるのか、また、普通車の乗客が利用してもいいのかについて説明します。

目次

グリーン車のトイレはどこにあるの?


JR東日本の列車は10両編成または15両編成で運行されており、その中で4号車と5号車がグリーン車として指定されています。
各グリーン車にはトイレが設置されており、特に5号車の4号車側に位置しています。
4号車に乗っている乗客は5号車に向かって歩くと、トイレを見つけることができます。

路線によってトイレの位置は異なるの?

一般的に、グリーン車のトイレは4号車や5号車に設置されていますが、路線によってその位置は異なる場合があります
トイレの隣には化粧台も設置されており、特に女性の乗客には便利です。
多くの路線でこの配置が共通しているので、普段使わない路線を利用していても、迷わずにトイレを見つけることができます。

上野東京ラインのグリーン車のトイレはどこにある?

上野東京ラインのグリーン車について詳しく見ていきましょう。
このラインの列車には、E231系とE233系の2種類の車両があり、1号車、4号車、11号車にトイレが設置されています。
さらに車両によっては、6号車か10号車にもトイレがあります
グリーン車のトイレは特に4号車に設置されています。
このラインは長距離用ですが、実際には短距離移動をする乗客が多いため、トイレの利用はそう多くありません。
しかし、急な必要が生じたときのために完備されています。
また、駅間が短いため、列車内のトイレではなく、途中の駅で降りてトイレを利用することもできます。

湘南新宿ラインでのグリーン車トイレの場所

湘南新宿ラインのグリーン車では、4号車と5号車が該当し、トイレは5号車に設けられています。
他の車両では、E231系とE233系の両方に1号車、6号車、11号車にトイレが備わっており、E233系にはさらに10号車にもトイレがあります。

ただし、6号車にトイレがない場合もあるので、注意が必要です。

トイレの形式は主に洋式ですが、和式のものもあります
さらに、1号車と11号車のトイレは車椅子対応ですが、グリーン車内のトイレはそうではありません。

東海道線のグリーン車内トイレの位置

次に、東海道線におけるグリーン車のトイレの位置についてです。
こちらも湘南新宿ラインや上野東京ラインと同様、グリーン車は4号車と5号車に設定されており、その間にトイレがあります。
トイレは化粧台を備えた男女共用の洋式トイレで、小便器は設けられていません。
グリーン車以外では、1号車と11号車にトイレが設置されており、車両によっては6号車か10号車にもあります。

宇都宮線のグリーン車トイレの位置

宇都宮線のグリーン車のトイレの位置についてもご紹介しましょう。
こちらのラインでは、東海道線と同じく4号車と5号車がグリーン車で、トイレは5号車に設置されています。
他の車両では、1号車、11号車、そして6号車か10号車にトイレがあります。
ただし、グリーン車間には一定時間鍵がかかることがあり、グリーン車チケットを持っていないと利用できない時間帯も存在します。



普通車の乗客がグリーン車のトイレを利用できるのか?

様式トイレ
今回は「普通車の乗客がグリーン車のトイレを使っても良いのか」というテーマに焦点を当てます。
グリーン車のトイレは元々、グリーン車の乗客向けに用意されていますが、普通車の乗客が利用することを明確に禁止しているわけではありません。
しかし、これが普通車の乗客にも開放されているというわけではなく、グリーン車へのアクセスは追加料金を支払った乗客に限られているため、トイレも同様に制限されていると解釈されます。

物理的な制限として、グリーン車と他の車両との間には鍵がかかっていることがあります。

そのため、電車内でトイレを利用する際には、普通車のトイレを使うのが一般的です。

グリーン車のトイレは化粧台の設置や豪華な内装が特徴で、これらはグリーン車の料金に含まれるサービスの一部と考えられています。

特別な料金を払ってグリーン車を利用している人にとって、普通車の乗客がグリーン車のトイレを使用するのは好ましくないと感じるでしょう。
ルール以上に、マナーやエチケットの面から考えると、グリーン車に乗っていない時はグリーン車のトイレの利用を避けるべきです。

グリーン車のトイレを特別なケースで使用する場合


一般的にはグリーン車のトイレは普通車両の乗客が使用すべきではないと説明しましたが、特別な状況での利用が許されるケースが2つあります。

緊急の場合

突然の尿意や便意に襲われることはあります。
列車に乗ってすぐに「とても我慢できない」という状況になった場合、グリーン車のトイレへの立ち入りが通常は許可されていないことを気にせず、急いでトイレに駆け込むべきです。
可能であれば、事前にグリーン車の乗務員に伝えるのが望ましいですが、それが難しい場合でも、トイレを利用してください。

緊急事態では、ルールを超えた対応が必要となることがあります。

普通車のトイレが故障している場合

もし普通車のトイレが故障している場合も、グリーン車のトイレの利用が許されることがあります。
例えば、6号車のトイレが故障していて、1号車や11号車までのトイレに間に合わない場合などです
このような時には、グリーン車のトイレを利用することが適切です。


まとめ

電車のトイレに関して、グリーン車と普通車両のトイレについて様々な情報を提供しました。
通常、グリーン車のトイレはその車両の乗客専用ですが、上記の特別なケースでは例外的に利用することが可能です。
ただし、できるだけ事前に乗務員に確認して許可を得ることが望ましいです。
無用なトラブルを避け、マナーを守るためにも、普通車両のトイレを基本として使用しましょう。
ほとんどの路線では、普通車両のトイレの位置は一定です。

コメント

%d
タイトルとURLをコピーしました