84円の切手で郵送した際の重量超過の対応方法は?

84円切手 豆知識
アフィリエイト広告を利用しています

通常、手紙を郵送する際には84円の切手を使いますが、もし重さが規定を超えた場合は、94円分の切手が必要になります。

では、84円の切手を貼って送ったが、実際には重量オーバーだった場合はどうなるのでしょうか。
ここでは、そのような状況での処理方法について説明します。

一般的に、重量オーバーの郵便物は差出人に返送されるか、受取人が不足料金を支払うことになります。

目次

84円の切手で送った郵便物が重量オーバーした際の対応

84円切手
料金不足の郵便物に対しては、主に以下の2つの対応が取られます

差出人に返送

不足料金に関する通知カードを添えて配達。
差出人に返送されるケースでは、集配局で料金不足が確認された際に、差出人の住所が分かっていれば返送されます。
しかし、料金不足が確認されずに配達エリアに流れてしまった場合は、そのまま配達されることもあります。
また、差出人の住所が不明な場合は戻ってこないが、電話番号があれば連絡が取られることもあります。

再郵送する際には、不足分の料金を補うために切手を追加します。

例えば、84円が不足していた場合、10円の切手を追加して合計94円にすれば再配達されます。
料金不足カードで受取人に配達

料金不足通知カードを添えて配達される場合は、まず郵便物が一旦受取人に届けられ、
受取人は不足分の料金を支払うか、差出人に返送するかを選びます。
不足分を支払う場合は、切手や証紙を通知カードに貼り付けて郵便局に提出します。

一度受取人に届いたが料金不足で返送された郵便物を再度送る際には、新たな料金分の切手が必要になります。
例えば、84円の切手で送った郵便物が料金不足で戻ってきた場合、再送時には94円の切手が必要です。


郵便料金が不足する理由

¥まーく
郵便料金は郵便物のサイズや重量によって異なり、料金が不足する主な理由は以下のとおりです

基本料金が足りない

封筒郵送には最低84円が必要ですが、これに満たない切手を貼っている場合。

定形外のサイズや厚みを超えている場合

重量超過
定形郵便物は50グラムまでと定められており、これを超えると追加料金がかかります。

定形外郵便物のサイズや重量制限を超える場合

これらも一定の制限があり、それを超えると高い郵送料がかかります。

最新の郵便料金を確認することも重要ですが、分からない場合は郵便局の窓口で直接確認することをお勧めします。

84円の切手で送れる郵便物の範囲は?


84円の切手で送れる郵便物は定形郵便物に分類され、以下のサイズ制限があります

  • 長辺23.5cm以内
  • 短辺12cm以内
  • 厚さ1cm以内
  • 重量は25g以内
25gを超えると50g以内までは94円の切手が必要になります。

例えば、「長形3号」の封筒は定形郵便物のサイズ基準に適合し、
A4サイズの紙を送る場合、84円で約5枚まで送れます(封筒5g、A4用紙約4g/枚)。
ただし、紙質によって重さが異なるため、安全を考慮して4枚以内にするのが良いでしょう。

速達郵便を利用する場合、追加料金が必要になります。
料金は以下のようになります

  • 250gまで260円
  • 1kgまで350円
  • 4kgまで600円

速達郵便を送る際は、封筒に赤い線を引いて速達であることを示す必要があり、赤いボールペンで線を引くことも可能です。


まとめ

この記事では、84円の切手で郵送した封筒が重量超過の場合の対応方法について解説しました。
料金不足の場合は、郵便物が差出人に戻ることが多いですが、受取人が不足分を支払うこともあります。
料金不足が心配な場合は、事前に重量を正確に計るか、郵便局の窓口で確認することが望ましいです。

コメント

%d
タイトルとURLをコピーしました