固くなったネジを緩める方法!コツや対処法も紹介!

生活
アフィリエイト広告を利用しています

固くなったネジを緩めるのに苦労することってありますよね。

時々、ネジが頑固に締まってしまい、どうやって緩めればいいか分からなくなることがあります。

特に小さなネジの場合、どう対処すればいいのか戸惑うこともあるでしょう。

ドライバーを無理に使って力を加えると、ネジの頭が壊れてしまい、取り外し不能になる可能性があります。

この記事では、固いネジを緩めるためのいくつかのコツや方法、そして正しい緩め方について解説します。

目次

固くなったネジを緩める方法

暖めてから冷やす方法

ネジやその周囲をガスバーナーやアイロンで温めてからひやします。

ネジを温めると膨張し、その後冷却すると収縮して隙間ができます。

この隙間のおかげで、固くなったネジを緩めやすくなります。

 

電動ドライバーを使う

電動ドライバーをつかうことで、ネジをはずすことができます。

DIYの普及で充電式の小型ドライバーも安価に売られています。

ネジを緩めるときは、ドライバーを垂直にしっかりと押し付けながら回すことが大切です。

イメージ図

これにより、ネジとドライバーの接触が最適化され、滑りにくくなります。

これらの方法を試す際は、火災や火傷には十分注意してください。

固いネジを開けるコツと対処法

ネジが固くて開かない場合、いくつかの便利な方法があります。

輪ゴムを使う

まず、輪ゴムを使う方法です。

輪ゴムの摩擦を利用してネジを緩めることができます。

これは、溝が損傷したネジにも効果的です。

輪ゴムは広い幅のものをネジの頭に置いて、ドライバーで強く押しながら回します。

潤滑スプレーを使う

ネジが錆びて固くなっている場合、潤滑スプレーを使うと効果的です。

潤滑スプレーをネジの周りに噴射し、15分程度浸透させてから緩めてみてください。

ただし、ネジ頭に油が付くと滑りやすくなるので、周りにだけスプレーするようにしましょう。

小さなネジを緩める際は、ジャストサイズのドライバーを使うことが重要です。

合わないドライバーで無理に回すと、ネジが損傷してしまう可能性があります。

それでも困難な場合は、摩擦力を高める摩擦増強剤の使用を検討してください。

ネジを緩める方向

ネジの緩め方向については、基本的には左に回すと緩み、右に回すと締まります。

ペットボトルのフタを思い出して、左に回すと緩むと覚えると良いでしょう。

ただし、逆ネジや左ネジと呼ばれる、右に回すと緩むネジも存在します。

これは、回転による緩みを防ぐために使われます。

右ネジと左ネジを区別する方法として、ネジの巻き方を見ることが挙げられます。

まとめ

固くなったネジを力ずくで緩めようと思っていると疲れてしまいます。

ちょっとしたコツやアイテムで簡単にはずすことができるんですよね。

また、正しいドライバーの使い方やネジの方向など考えたこともなかったので新しい発見でした。

 

コメント

%d
タイトルとURLをコピーしました