焼き芋の保存方法完全ガイド!冷凍・冷蔵・常温での保存テクニック

焼き芋の保存方法完全ガイド! 食べ物
アフィリエイト広告を利用しています

焼き芋の保存方法ってどうすればよいのでしょうか?

スーパーやコンビニで見かける焼き芋のついつい買ってしまったなんてことよくありますよね。

あの甘い香りに食欲がそそられるというのはよくわかります。

しかし、家に帰ってから食べ始めると、意外とお腹がいっぱいになったり、余分に買いすぎてしまったりすることも。

そこで、焼き芋の効果的な保存方法と保存期間についての情報をまとめてみました。

目次

焼き芋の保存方法完全ガイド

焼き芋を食べ過ぎると、おなら、胸焼け、食中毒、下痢、腹痛、ニキビ、虫歯などの症状が現れることがあります。

どんなに体に良くても、過剰に食べるのは避けた方がいいですね。

となると残しておいて後で食べるといったことをしたくなります。

 

調べてみたところ、適切な保存方法を採用すれば、作り置きは十分可能だということが分かりました。

保存方法には、冷凍、冷蔵、常温の各種がありますが、それぞれで保存期間が異なります。

夏の時期は、特に食品の保存に注意が必要です。

夏場に焼き芋を作り置きする場合、常温での保存は避けて、冷凍や冷蔵がおすすめです。

 

焼き芋を甘くする裏技

サツマイモはその甘さで人気ですが、塩水を使うことで甘みをより引き出すことができるんです。

これは「味の対比効果」という現象で、塩分がサツマイモの自然な甘みを増強し、余計な水分を取り除くことで味わいを深める効果があります。

塩水を使う

焼き芋は、塩水を使えば焼き芋がより甘くなるんですよ。



焼き芋の冷凍・冷蔵・常温での保存テクニック

焼き芋を冷凍で保存するときのポイント

焼き芋を冷凍で保存する際には、いくつかの大切なポイントがあります。

これらのポイントを守ることで、焼き芋を長期間保存できます。

まず、焼き芋を完全に冷まし、表面の水分があれば拭き取ります。

そして、1本単位または食べやすいサイズにカットし、ラップで包んで保存します。

この方法を守れば、焼き芋の冷凍保存に適しています。

解凍はとても簡単で、電子レンジで約3分加熱すればOKです。

特に「蜜芋」と呼ばれるサツマイモは、甘みが強くとろっとしているため、そのままだと傷みやすいのですが、冷凍することで最適に保存できます。

最後に、焼き芋の冷凍保存では、大体2週間から1ヶ月ほど品質を保つことができるため、作り置きには最適な方法と言えます。

焼き芋の冷蔵保存の方法

焼き芋の冷蔵保存方法について詳しくご紹介しますね。

焼き芋は冷蔵でも保存できるんですよ。

その方法はとてもシンプルです。

まずは、焼き芋が触れるくらいまで冷まします。

その後、一本ずつラップに包んで冷蔵庫で保存します。これでOKです。

食べるときは、電子レンジで温めればよいですし、冷めた状態でも美味しいので、そのままでも良いでしょう。

また、食べかけの焼き芋やカットした焼き芋も同じ方法で保存できます。

冷蔵で保存した場合、焼き芋はだいたい4日間持ちます。

ただし、カットしたり食べかけのものは、丸ごとのものに比べて傷みやすいので、2日以内に食べきることをお勧めします。

焼き芋の常温保存のポイント

焼き芋の常温保存はできるのでしょうか?

夏場や食品が傷みやすい時期にはあまりおすすめできませんが、焼き芋は常温でも保存が可能です。

方法としては、焼き芋を新聞紙で包んで保管します。

ただし、使いかけや食べかけ、カットした焼き芋は常温保存に向かないので、冷蔵や冷凍での保存が適しています。

常温での保存では、焼き芋の持ち時間は1~2日程度です。

焼き芋は長持ちしないので、早めに食べることが大切です。

さつまいもの栄養

さつまいもには、ジャガイモの2倍の食物繊維が含まれており、便秘解消に効果的です。

また、ビタミンCやポリフェノールも豊富で、免疫力アップにも役立ちます。

栄養満点の食べ物として、さつまいもは非常に優れています。

 

さつまいもに含まれる栄養成分を、100g当たりで分析してみました。

エネルギー:132kcal
水分:66.1g
炭水化物:31.2g
無機質:31.5g
ナトリウム:4mg
カリウム:470mg
カルシウム:40mg
鉄:0.7mg
銅:0.18mg
マンガン:0.44mg
ビタミンE:1.6mg
ビタミンB1:0.11mg
ビタミンC:29mg
食物繊維:2.3g

 

さつまいもがもたらす健康効果には、次のようなものがあります。

  • 高血圧やむくみを防ぐ
  • がんの予防
  • 免疫力の向上
  • 美肌効果
  • ダイエットに有効
  • 血糖値の上昇を抑制する

また、家庭でさつまいもを保存する際、変色やカビが生じることがあります。

変色したり、カビが生えたり、苦味があるり、腐敗しているようなさつまいもは、腐っている可能性が高いです。

さつまいもが腐っているかどうかを見分けるポイントや、正しい保存方法を知っておくと便利です。


まとめ

焼き芋の保存方法について紹介しましたが、これらは簡単に実行できる方法ばかりです。

特に、大量に焼き芋を作る際には、冷凍保存が最適です。

また、食べ残しが出ることが多い場合は、保存する分量を決めてカットし、冷凍または冷蔵で保存すると良いでしょう。

ぜひお試しください。

コメント

%d
タイトルとURLをコピーしました