【年賀状】疎遠な友達に送るポイントと一言メッセージ例文も紹介!

アフィリエイト広告を利用しています

友達との間に距離ができてしまった場合の年賀状への一言メッセージの書き方って悩みますよね。

もし久しぶりに連絡を取ることになった友人に年賀状を送る場合、どのような言葉を選ぶべきでしょうか?

時間が経っていても、近況を共有したいという気持ちはあるものです。

そんな時、年賀状を通じて再び交流を始めるのは良い方法です。

年賀状に書く一言メッセージには以下のポイントをお勧めします。

目次

疎遠な友達に送る年賀状を書くときのポイント

久しぶりに連絡を取る友人への年賀状は、慎重に言葉を選び、肯定的な内容を心がけ、個人的で誠実な方法で伝えることが重要です。

年賀状を書く際に気をつけたいポイントや、疎遠になった友人に向けたメッセージの書き方について、以下のように説明します。

忌み言葉は避ける

年賀状は新年を祝う挨拶状ですので、不吉な言葉や忌み言葉を使うのは避けましょう。

言葉遣いには特に注意を払い、ポジティブなメッセージを心がけることが大切です。

年賀状には、新年の幸福を願う文化の一環として、特定の言葉を避けることが望ましいです。

例えば、「去年」「終わる」「失う」などの言葉は避けられる傾向があります。これらは新年の幸運とは相反する意味を持つとされています。

修正液は使用しない

疎遠な友達だけでなく、年賀状では メッセージに修正液を使うのは避け、清潔で丁寧な印象を与えるよう心がけましょう。

修正液で訂正した年賀状は、受け取る側にとって良い印象を与えません。

間違えた場合は、新しいはがきで書き直しましょう。

句読点を使わない

句読点は、関係が長続きしないことを暗示するため、縁起が悪いとされています。

文章を読みやすくするためには、スペースや改行を上手に使いましょう。

ボールペン以外の筆記用具を使用する

ボールペンは公式的な印象を与える傾向があります。

太く濃い文字が好まれるため、筆ペンやサインペンの使用が推奨されます。

メッセージに個性や温もりを加えることができます。

サインペンなどで数色使うことでカラフルな見た目になります。

手書きで書く

手書きのメッセージは、誠実さや心からの気持ちを伝えるのに最適です。

友人に送る年賀状のメッセージの内容と例文

疎遠になってしまった友人に送る年賀状のメッセージには、以下の3つの要素を含めると良いでしょう。

  • 久しぶりに連絡することへのお詫び
  • 最近の近況報告
  • 再会を願う言葉

これらのポイントに沿ってメッセージを作成すれば、友人に暖かい気持ちが伝わるはずです。

久しぶりに連絡を取る友達への年賀状でのメッセージは、相手との関係性に応じて変わる場合があります。

疎遠になってしまったことを謝る言葉は、関係がそれほど堅苦しくない場合は省略しても良いかもしれません。

しかし、一定の年齢や立場であれば、簡単な一言を加えるのが適切です。

次に、自分の近況について報告することも大切です。

相手もあなたのことが気になっていることでしょう。

自分から先に近況を伝えることで、相手も話しやすくなります。

また、年賀状を送る目的の一つとして、再会を願う気持ちを伝えることがあります。

単に近況を報告するだけで終わらせず、再会を望む言葉を添えることで、さらに交流を深めるきっかけになります。

以下は、年賀状に書くメッセージの例です。

「お久しぶりです。お元気ですか?私は最近○○に夢中です。今年はぜひお会いして話しましょう。」
「明けましておめでとうございます。昨年はご連絡できずにいましたが、今年は一緒に○○できたら嬉しいです!」
「ご無沙汰しています。お元気でいらっしゃいますか?私は昨年、○○に挑戦しました。意外でしたか?写真を添付しました。」
「久しぶりですね。インスタで見たあなたの○○、とても素敵でした。今年はその話を是非聞かせてください。」
「新年あけましておめでとうございます。昨年は色々とお世話になりました。今年もどうぞよろしくお願いします。」
昔は頻繁に会っていた友達との再会を願う年賀状は、相手にも嬉しいサプライズになるでしょう。相手の立場になって考えることが、心温まるメッセージを作る秘訣です。

コメント

%d
タイトルとURLをコピーしました