年末の大掃除の由来と意味!大晦日はタブーという理由

大掃除 生活
アフィリエイト広告を利用しています

皆さんは今年の年末休暇をどのように過ごす予定ですか?
初詣や家族との集まりなど、
たくさんの楽しみが待っているでしょう。

ですが、それらを楽しむ前に、まずは年末の大掃除を済ませる必要がありますね。
ところで、なぜ年末に大掃除をするのでしょうか?
これは単なる習慣なのでしょうか?
今回は、年末の大掃除に込められた由来や意味、そして大晦日の大掃除がタブーとされる理由について詳しく掘り下げてみましょう。

目次

年末の大掃除の意味と由来

大掃除

年末の大掃除は、楽しい正月休みの前に少し憂鬱な作業ですね。
私も掃除を後回しにしてしまうタイプで、いつもギリギリになってバタバタしてしまいます。
でも、なぜ年末にこの習慣があるのでしょうか?

大掃除の始まりは平安時代に遡る?

大掃除の歴史を調べてみると、その始まりは平安時代まで遡ります。
日本で掃除の文化が広まったのは飛鳥時代のことですが、当初は貴族の間でのみ行われていました。

そして、この習慣は庶民の生活にも広まり、平安時代には定着していました。
その時代には、大掃除は「煤払い」として知られていたんです。

囲炉裏で薪を燃やす生活が普通だったため、煤が溜まり、それを綺麗にして歳神様を迎えるための準備をしていたのです。

歳神様は豊穣をもたらす神様で、家を綺麗にしてその到来を待つのが習わしでした。

今でも、お寺や神社で「煤払い」の伝統が受け継がれているのを耳にします。

12月13日は伝統的な掃除の日

江戸時代、徳川幕府は12月13日を掃除の特別な日として制定しました。
この日は、「煤納め」として知られ、特別な意味を持っていました。
大奥がこの日に煤払いを行い、庶民もそれに倣って行うようになりました。
この日は「鬼の日」とされ、吉事に良い日とされていたため、お正月の準備を始めるのに適していました。

現代では、新年の準備には少し早いと感じるかもしれませんが、いくつかの寺社では今でもこの日に煤払いを行っています。


大晦日の大掃除は避けた方が良いのは本当?

大晦日に大掃除をすると良くないという話を聞いたことがありますか?
これが本当なのかどうか、気になりますよね。

大晦日に急いで掃除をする家庭も多いでしょうから、この話の真相を知りたいですね。

大晦日の大掃除に関する迷信

昔の人々は、新年を迎える歳神様が大晦日の朝に訪れると考えていました。

この理由から、大晦日にまだ掃除をしていると、新年を迎える神様のお出迎えが間に合わないとされていました。

もし、掃除中に福をもたらす歳神様が訪れたら、大慌てになるでしょうね。

しかし、現代では歳神様が正月に来ると考えられているため、このような迷信はあまり聞かれなくなりました。

大晦日に急いで掃除を行うのは避けるべきとされています。
同様に、大晦日に新年の飾りつけを行う「一夜飾り」も好ましくないと言われています。
29日に掃除を避けるべき?

12月29日も大晦日と同様、この日に大掃除をすることは避けた方が良いと一般的に考えられています。

この理由は、日本において「9」の数字が「苦」を想起させ、不吉とされるためです。その結果、12月29日が年の最後の「苦」を含む日とされ、縁起が悪いと考えられています。
お正月飾りについても、この日にするのは避けるべきと言われています。


年末の大掃除で福を招こう

この記事では、年末の大掃除の由来や意味、そして大掃除にまつわるタブーについてご紹介しました。大晦日の大掃除は、私たちの祖先が行っていた伝統的な儀式なんですね。

「昔の話だから現代には関係ない?」と思われるかもしれませんが、大掃除の根本的な考え方は今も変わりません。
それは、家をきれいにして、心地よく歳神様を迎えること。
歳神様を迎えることは、新年の安泰と幸運を願う意味があり、一年の穢れを払うことを意味しています。
神様はきれいな家に福をもたらすと考えられています。

今年は、大掃除の由来や意味を考えながら、新しい気持ちで掃除に取り組んでみませんか?

コメント

%d
タイトルとURLをコピーしました