職場でのお土産にピッタリ!心を込めたメッセージフレーズ集

豆知識
アフィリエイト広告を利用しています

旅行から持ち帰ったお土産を職場の同僚や友人たちに渡す際、一言添えるとその気持ちも伝わりやすくなりますね。

特に、職場の休憩室に置く場合、工夫を凝らしたメッセージを付け加えると、より好印象になります。

ここでは、お土産を渡す際に使えるメッセージの例を紹介します。

目次

お土産や差し入れに添えるメッセージ

お土産を渡す時や何かを差し入れる際、一言添えると礼儀正しい印象を与えます。

受け取る側も、その一言で「気を使ってくれた」と感じて嬉しく思います。

直接手渡す場合はもちろん、メッセージを書いても大丈夫です。

さらに、例えば職場で同僚が不在のときにそのデスクに置いたり、休憩室に置いたりすると、誰からのものか、どのような意図の品物かが分かりやすくなります。

ただ机の上にお菓子が置かれていると、「これは誰の?食べてもいいの?」となりがちです。

メッセージを添えることで、その贈り物の意図と心遣いが伝わります。

メッセージ一つで受ける印象がずいぶん変わるので、お土産やお菓子を贈る際はぜひ一言添えてみてください。
短くても十分です。

シンプルなメッセージがおすすめです。


お土産を渡す時のメッセージ例

お土産やお菓子を贈る場面は様々です。

職場や友人への個別の贈り物から、複数人へのプレゼントまで、場面に応じてメッセージを選びましょう。

シンプルで簡潔なメッセージがベストです。

メッセージ作成のコツ

簡潔にまとめ、冗長にならないよう心がける
贈り物の種類や贈る理由をしっかり明記する
必ず差し出し人の名前を記入する
メッセージカードの使用がお勧めです

職場へのお土産添えるメッセージ例

お休みをいただき、感謝しています。
○○の特産品をお土産にしました。ご賞味ください。
△△

 

○○へ帰省した際に買ったお土産です。
地元で人気の商品です。ぜひお試しください。
△△

 

先日の旅行で購入した、ユニークな味のお土産です。
楽しんでいただければ幸いです。
△△

 

先週のお休みありがとうございました。
実家近くの人気洋菓子店のスイーツです。お楽しみに。
△△

 

○○県の人気商品をお土産にしました。
甘いものがお好きと聞いていますので、ご堪能あれ。
△△

 

長いお休みを頂き、感謝しています。
旅行先で見つけた○○を皆さんへのお土産に選びました。
どうぞお楽しみください。
△△

 

故郷の名物をお持ちしました。
リラックスできる時間になれば嬉しいです。
ご賞味ください。
△△

 

今日はありがとうございました。
皆さんと働けることに感謝しています。
私のお気に入りのお菓子をお土産にしました。
甘いもので一息ついてください。
△△

 

人気のパン屋さんの商品です。
ふんわりとしてとても美味しいです。
コーヒーと合わせてどうぞ。
△△

 

○○に帰省した際のお土産です。
地元の名産品を皆さんにぜひ味わっていただきたいです。
△△

 

○○への旅行で、現地の名物○○を購入しました。
おいしかったので、みなさんにも是非味わっていただきたいです。
休暇中のサポート、ありがとうございました。
名前

 

時間がない時は、「○○のお土産です。どうぞお召し上がりください」と書くだけでも大丈夫です。

一言添えるだけで、印象が大きく変わります。

お土産の説明があると、会話のきっかけにもなりますね。

職場へのお土産に添える心温まるメッセージ例

職場に持っていくお土産に添えるメッセージ例をいくつか上げていきましたが、長期連休のあとなどは数人がお土産を持ってくることもあるので印象に残りにくいんですよね。

そこでもらった人がほっこりするようなメッセージ例を集めました。

お休みをいただいた際に、皆さんのためにお土産を選びました。
シンプルですが、楽しんでいただけたら嬉しいです。
△△

 

地元の特産品を持ってきました。
皆さんに喜んでもらえるといいなと思います。
どうぞお召し上がりください。
△△

 

休暇中に訪れた場所から、珍しい特製品を選びました。
新しい味をお楽しみいただければ幸いです。
△△

 

昨日、皆さんのためにスイーツを探してきました。
この地域では人気のあるお菓子です。
共に働ける喜びを感じながら、どうぞお召し上がりください。
△△

 

○○県の有名なスイーツをセレクトしました。
特に甘いものがお好きな方におすすめです。
試してみてくださいね。
△△

 

先日いただいたお休みに感謝して、旅行先でこの逸品を見つけました。
ぜひお楽しみください。
△△

 

故郷の名産品を皆さんにお持ちしました。
少しでも癒される時間になれば嬉しいです。
ご堪能ください。
△△

 

今日は本当にありがとうございました。
皆さんとの時間が私にとって大切です。
お気に入りのお菓子を持ってきましたので、リラックスしてください。
△△

 

地元で人気のパン屋さんの特製品です。
ふんわりとしてとても美味しいので、コーヒーと一緒にいかがですか。
△△

 

○○への帰省の際に買ったお土産です。
地元で有名な商品を、ぜひ皆さんにも味わっていただきたいと思います。
△△

 

○○への旅行から戻り、地元の特製○○を選びました。
珍しい味わいですが、皆さんに楽しんでいただけたらと思います。
休暇中のサポートに心から感謝しています。
名前

 

忙しい時でも、「○○のお土産です。どうぞお召し上がりください」と簡単に一言添えるだけで大丈夫です

シンプルなメッセージでも、その気遣いが大切です。

お土産の説明があれば、さらにコミュニケーションが生まれやすくなりますね。

オフィスでのお菓子の差し入れに添えるメッセージ

職場へのお菓子の差し入れは、感謝や励ましの表れとしてよく使われます。

単に差し入れるだけでは「どんなお菓子だろう?」と興味を持たれることもあるので、贈る理由を明確に伝えると良いでしょう。

最近急に休暇をいただいたお礼として、評判の良い○○を持ってきました。
皆さん、どうぞ召し上がってください。
△△

 

いつもお疲れ様です。
甘いもので少しリフレッシュして、引き続き頑張ってくださいね。
△△

 

この度はお世話になり、ありがとうございました。
感謝の気持ちをこめて、おいしいものを持参しました。
△△



まとめ

お土産を渡す際に添えるメッセージの例を紹介しました。

一言添えるだけで、受け取る人も心温まるものです。

簡単なメッセージでも構わないので、ぜひ一言を加えてみてください。

コメント

%d
タイトルとURLをコピーしました