年末の大掃除は本当に必要? 大掃除をスキップするコツ

大掃除 生活
アフィリエイト広告を利用しています

皆さんは、年末に恒例の大掃除を行いますか?
我が家では毎年、年末年始の帰省に備えて、11月から少しずつ掃除を始めるんです。

日本では、年末の大掃除は1年間の汚れをきれいにして新しい年を迎える伝統的な儀式のようなもの。
しかし、今のグローバルな社会では、この風習を維持している家庭はどれくらいあるのでしょうか。
この記事では、大掃除をする人々や、年末に掃除したくない人々に向けた掃除のヒントをご紹介します。

目次

他の家庭は年末に大掃除を実施しているのか?

大掃除

年末に大掃除をする家庭は実際にどれくらいあるのでしょうか?
ある企業が行ったアンケートによると、多くの人が年末に大掃除を予定しているか、あるいは実施することがわかります。

Q1: 今年は大掃除をしますか?

  • する予定: 44%
  • 必ずする: 38%
  • しない: 18%

これを見ると、多くの人が年末に大掃除をするか、するつもりでいることが分かります。
今の時代においても、まだ大掃除を重要視している人が多いようです。

Q2: 大掃除は好きですか?

  • 嫌い: 34%
  • どちらかと言えば嫌い: 37%
  • どちらかと言えば好き: 20%
  • 好き: 9%

参考:ケルヒャー公式サイトより

多くの人が苦手とする大掃除その理由とは?

年末の大掃除について感じることは人それぞれですが、多くの人が大掃除を苦手と感じていることが分かっています。
ここでは、なぜ多くの人が大掃除を嫌うのか、その理由を探ってみましょう。

大掃除に対する不満の声

大掃除に対して抱える不満や苦手意識は、実にさまざまです。
大掃除に否定的な意見は、多くの人々の間で共通しています。
アンケートによると、主な理由としては

  • 時間がかかる
  • 体力を使う
  • 汚れが落ちない
  • 手や服が汚れる
  • 掃除方法がわからない
  • 家族の協力が得られない

などが挙げられています。
また、ネット上の意見を見ると、「大掃除ってどこまでやるべきなのか、そもそも大掃除は面倒だ、日常的に掃除していれば年末の大掃除は不要では?」という声も見受けられます。
私も、年末は忙しいし、大掃除で1日を費やすのはちょっと…と考えています。

海外では年末の大掃除は一般的ではない

年末の大掃除は、日本特有の習慣です。
海外では、このような年末に行う大掃除の概念は一般的ではありません。
例えば、欧米ではクリスマスツリーを飾る前に掃除をしたり、暖炉のある家庭では春に「スプリングクリーニング」と呼ばれる掃除を行うことがあります。
しかし、これらは日本の大掃除ほど大規模ではありません。

■関連記事
年末の大掃除の由来と意味!大晦日はタブーという理由



年末の大掃除をラクにする5つのアイデア方法

年末の大掃除、好きな方には良い季節ですが、苦手な方には負担が大きいですよね。
そんな方々に向けて、年末の大掃除を楽にするコツをご紹介します。

お掃除代行サービスの活用

自分でやるのが大変なら、プロに任せてしまうのが一番です。
特に手の届かない場所や頑固な汚れは、プロにお願いすると新品のようにきれいになります。
予算に合わせてサービスを選べます。

早めに少しずつ掃除を始める

年末に一気にやるのではなく、11月から少しずつ掃除を始めると、負担が少なくて済みます。

家族みんなで掃除の仕事を分担することにより、作業はずっと楽になります。
さらに、普段からこまめに掃除をすることで、年末の大掃除が必要なくなるかもしれません。

日頃から掃除をする

普段から掃除をしておけば、年末の大掃除が必要なくなります。
掃除用具をすぐ手に取れる場所に置いて、使ったらすぐに掃除するといいでしょう。

大掃除の時期を変える

年末に大掃除をする必要はありません。
自分の都合の良い時期に大掃除を行うと、ストレスが少なくなります。

断捨離で掃除を簡単に

不要なものを減らせば、掃除が簡単になります。
家族全員で断捨離をすると、掃除の手間がぐっと減ります。


まとめ

年末に大掃除をするのは日本の伝統ですが、それにこだわる必要はありません。
自分に合った方法で掃除を進め、新年を気持ち良く迎えましょう。
自分に適した掃除の仕方を見つけて、新年を清々しい気持ちで迎えることが大事です。
掃除は、自分のリズムに合わせて無理なく進めることが重要です。
ここで紹介した様々な掃除方法の中から、自分に最適なものを選んで、賢く掃除に取り組んでみてください。

コメント

%d
タイトルとURLをコピーしました