デジタルチケット所有者がイベントに参加できない場合の対処法と譲渡可能?

アフィリエイト広告を利用しています

スマートフォンでイベントチケットを購入する際、特定のデジタルチケットサービスを利用する人が増えています。
このサービスでは、スマートフォンでチケットを表示できるため、紛失や当日忘れる心配がなく、非常に便利です。

しかし、チケット購入者がイベントに参加できなくなった場合、どうすればいいのでしょうか?
購入者本人が参加できないとき、このデジタルチケットは使用できなくなることがあります。
ただし、公式アプリを通じてチケットのリセールや他の参加者への分配が可能です。

この記事では、チケット購入者がイベントに参加できない場合の対処法について詳しく解説します。

目次

デジタルチケットローチケ所有者不参加時の解決策


デジタルチケットはスマートフォンと連携しているため、購入時のスマートフォンでなければ表示ができません。
そのため、機種変更は避けるよう注意喚起されています。
購入者がイベントに参加できない場合、そのチケットは無効になる可能性がありますが、心配はいりません。
この記事で最適な対処法をご紹介します。

結論として、購入者が参加できなくても、他の参加者が入場できる方法が存在します。
しかし、購入者がイベントに参加できなくなった場合のデジタルチケットの取り扱いについて疑問を持つ方も多いでしょう。
そこで、この記事ではそのような疑問に対する3つの解決策をご紹介します。

【3つの質問点について】
  • 購入者以外への名義変更は可能か?
  • 電子チケットのスクリーンショットで同伴者は入場できるか?
  • 購入者が参加不可能な場合、同伴者も入場できないのか?
購入者以外への名義変更は可能か?

デジタルチケットサービスでは、購入者がイベントに参加できなくなっても、名義変更やチケットの転売・譲渡は許可されていません。
これは、チケットが購入者の電話番号と連携されており、不正利用を防止するための措置です。

電子チケットのスクリーンショットで同伴者は入場できるか?
チケットを提示するだけでは不十分で、入場時にスタッフが画面を操作する必要があります。
コロナ禍で来場者自身がスタッフの指示に従い画面を操作する場合もありますが、どちらにせよ現場での操作が求められます。
したがって、スクリーンショットだけでは入場できません。
このような操作が必要なのは、セキュリティを確保するためです。

購入者が参加できない場合、同伴者も入場できないのか?

購入者がイベントに行けなくなっても、事前にチケットを同伴者に分配していれば、その同伴者は入場可能です。
しかし、事前に分配していない場合は、購入者が不参加になると同伴者も入場できなくなります。
万が一のことを考慮し、チケット購入後には同伴者への分配をお勧めします。

購入者のキャンセルはできないが、リセールは可能

このデジタルチケットサービスでは、支払い完了後のキャンセル、変更、返金は基本的にできません。
ただし、公演が中止や延期となり、主催者からの返金が決定した場合に限り、払い戻しが可能です。
重要なのは、主催者からの案内を確認し、指定された期間内に手続きを行うことです。

キャンセルできないチケットは無駄になってしまうのか?

購入者がイベントに参加できない場合、直接の譲渡はできませんが、公式サイトを通じてチケットのリセールが可能です。

リセールとは何か?

イベントに参加できなくなった場合、使用しなくなったチケットを他の人に売る行為をリセールといいます。

もし自分のチケットを売りたいけれど、同伴者のチケットは特定の人には譲らない場合、リセールが適切な選択です。

特定のデジタルチケットサービスでは、公式サイトを通して合法的にチケットを売却することができます。

このサービスはセキュリティに力を入れており、名義変更やチケットの譲渡が難しいです。

ただ、公式アプリには「リセール」機能があり、そこから手続きを進めることができます。

以下にリセールの手順を説明します。

【リセールの手順】

公式アプリでリセール申し込みをする

リセールの結果を確認する

リセール代金を受け取る

リセールの申し込み方法

公式アプリを開いて、リセールしたいチケットを選択し、画面の案内に従います。
チケットの詳細を確認し、リセールサイトに進んでください。

SMS認証を行い、リセールするチケットを選んで申し込みを完了させます。
ただし、リセール対象外のチケットや期間外の場合は申し込みができないことがあります。

リセールの成立に関する通知がメールで届かないこともあるため、結果発表日時以降に自分で確認し、返金手続きを行う必要があります。リセール期間中であれば、キャンセルも可能です。

リセール結果の確認方法

公式アプリでリセールの結果を確認します。

リセールが成立していれば、表示された受付番号を控えて代金受取手続きに進みます。
リセール期間中であれば、キャンセルもできます。

リセール代金の受取方法

リセールの結果が確定したら、返金サービスを利用して代金の受取手続きを行います。
選べる受取方法は銀行振込か特定の店舗での受取です。銀行振込の場合は振込人名が特定の名称で表示され、店舗での受取は一定額以下の場合に利用できます。
リセールが成立した後はキャンセルはできません。

リセールの利用時に注意すべき点

リセールは、主催者が指定する一部の公演の電子チケットに限られます。
購入者本人が持つチケットをリセールする際には、全てのチケットを一緒に出品する必要があり、売却先や購入先を選ぶことはできません。
リセールの結果は、利用者自身が確認することが求められます。


購入者本人のチケット譲渡不可、同伴者への譲渡可

チケット
購入者本人のチケットは電話番号に紐づいているため、直接譲渡することはできませんが、リセールを通じて売却することは可能です。

チケットを購入してすぐに分配すると安心ですが、もし同伴者が参加できなくなった場合はどうすればいいでしょうか?
同伴者のチケットは電話番号に紐づいていないので、分配後でも購入者がチケットを回収し、別の人に再分配することができます。
ただし、公演によっては分配できないチケットもあるので、確認が必要です。

以下に、分配後の同伴者のチケット譲渡方法を説明します。

チケット分配後の譲渡方法

同伴者の変更は、チケットが受け取られているかどうかによって手続きが異なります。

【同伴者がまだ受け取っていない場合】

購入者はアプリから分配をキャンセルし、新しい同伴者に再分配します。

【同伴者がすでに受け取り済みの場合】

同伴者はアプリからチケットを返却し、購入者が新しい同伴者に再分配します。

これにより、チケットを無駄にすることなく他の人に譲渡することが可能です。

チケットの分配と受取方法

チケットがキャンセルされ購入者に戻されたら、新しい同伴者に再度チケットを分配し、その同伴者が受け取ります。以下が分配と受取の手順です。

チケットの分配方法
  1. 分配したい公演チケットの詳細から「このチケットを分配する」を選択。
  2. 「チケット詳細/分配/受取画面」で同伴者を指定し、必要情報を入力。
  3. 内容を確認後、「分配する」を選択。
チケットの受け取り方法
  1. トップ画面に表示される受領予定のチケットを選択。
  2. 「チケット情報」を確認後、「チケットを受け取る」を選択。
  3. 詳細情報を確認後、「受け取る」を選び、受け取りを完了。

同伴者の情報に誤りがある場合は、チケットが表示されません。
その際、購入者は分配をキャンセルし、正確なりが適切に行われ、チケットを無駄にせず、他の同伴者に譲渡することが可能になります。

このプロセスを通じて、購入者本人がイベントに参加できない場合でも、チケットを有効に活用し、他の人への譲渡が実現できます。
これにより、チケットが無駄にならずに、他の人もイベントを楽しむ機会を得ることができるのです。

同伴者チケットの分配は必ずしも必要ではない

同伴者が子供の場合、「スマートフォンを持っていない」という事情も考えられます。
このような場合、購入者本人と一緒に入場する限り、同伴者に電子チケットを分配していなくても問題はありません。
ただし、イベントによっては分配が必要な場合もあるので、アーティストの公式ウェブサイトやイベント主催者の情報を確認することが重要です。


電子チケットの本人確認について

身分証明書
電子チケットはセキュリティが厳格です。
これは、不正転売を防止するための措置です。
公演会場での入場時には、単に電子チケットを画面上で表示するだけではなく、本人確認が行われることがあります。

【電子チケットの本人確認とは】

公演会場での入場時に本人確認が行われることがある
電子チケットアプリの操作時にも本人確認が必要になる場合がある
電子チケットの本人確認に必要な手続きや注意点について詳しく解説します。

電子チケットアプリでの入場時本人確認方法

電子チケットは購入者本人が参加できない場合に譲渡することは許されていません。
家族間でも、譲渡は禁止です。
購入者本人のスマートフォンを借りることができたとしても、本人確認が行われる場合は入場を許可されないリスクがあります。
イベントによって本人確認の有無が異なるので、公演情報の確認が必要です。

公演会場での入場時には、不正転売防止のため、チケットに記載された名前と身分証明書が照合されることがあります。

本人確認が行われることが予め分かっている場合は、必ず身分証明書を持参しましょう。

【本人確認に必要な身分証明書の種類】

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード(通知カードは除く)
  • パスポート
  • 学生証
  • 外国人登録証明書や在留カードなど

SMS認証による電子チケットの本人確認

電子チケット購入後は、専用アプリのダウンロードと初期設定が必要です。
この初期設定には、SMS認証を用いた本人確認が含まれます。使用するスマートフォンの電話番号が、チケット購入時の電話番号と一致している必要があります。

SMS認証は、携帯電話のショートメッセージ機能を利用した個人認証システムです。
特定の電話番号へSMSを送信し、それを受信できるスマートフォンを持つ人が本人であることを証明します。

スマートフォンを新調しても、同じ電話番号を維持していれば、アプリを再インストールして以前と同様に使用可能です。
新しいスマートフォンにアプリをインストールした後には、初期設定で再度SMS認証が必要になります。
しかし、電話番号を変更してしまうと、SMS認証が不可能になるため注意が必要です。
電子チケットの購入後は、できるだけ電話番号の変更を避けるようにしましょう。

電子チケットを利用するには、購入時に使用した電話番号と一致することが大前提です。
SMS認証ができない場合は、電子チケットの管理が難しくなります。
電話番号が変わっていないのにSMS認証ができない場合は、SMS以外の方法で認証を試みることもできます。
つまり、SIMカードに登録されている番号が同じであれば、購入したチケットを問題なく使用できます。

まとめ

本人が参加できない場合でも、事前に電子チケットを分配しておけば、同伴者だけで入場可能。
本人が参加できない時は電子チケットが無効になるため、リセールを検討することが推奨されます。
本人の電子チケットは譲渡できないが、同伴者が参加できない場合は別の同伴者にチケットを分配し、譲渡可能。
同伴者のチケット譲渡方法は、分配後の電子チケットの受け取り状況によって変わります。
入場時にはチケットに記載されている名前と身分証明書の照合による本人確認が行われることがあります。
電子チケットの管理にはSMS認証を用いた電話番号が必要で、機種変更による電話番号の変更はSMS認証に影響するため注意が必要です。
電子チケットはSMS認証によって管理されているため、セキュリティ面が強化されており、紛失や忘れ物の心配が少ないです。
電子チケットアプリでは、分配、リセール、譲渡などが可能で、利便性が高いです。
チケット予約には電子チケットの利用をお勧めします。

コメント

%d
タイトルとURLをコピーしました