セイコマで解決!家に溜まったダンボールの出し方

生活
アフィリエイト広告を利用しています

北海道にお住まいの方なら誰もが知るセイコーマート。
ただのコンビニエンスストアと思いきや、実は私たちの日常生活に密接に関わる、驚きのサービスを提供しています。
引越しや大きな買い物をした後、部屋の隅に積み上げられたダンボール箱。
見るたびに気が重くなり、しかし処分に困ってはいませんか?

この記事では、そんな悩みを解決するセイコーマート独自の無料リサイクルサービスをご紹介します。

さらに、ダンボールをセイコーマートに持ち込む際の、誰でも簡単にできる「十字結び」の方法から、リサイクル可能なアイテムの種類、持ち込み時の注意点まで、詳しく解説していきます。

この記事を読むことで、あなたの生活が少しでも楽に、そして地球環境にも優しい選択ができるようになります。
セイコーマートを利用することのメリット、そして地域社会への貢献についても知ることができるので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

セイコーマートで無料でリサイクルできるもの

コンビニ
セイコーマートでは、環境保護に取り組む一環として、ダンボール以外にも以下のアイテムをリサイクルしています。

  • 新聞紙
  • 雑誌(月刊誌、週刊誌など)
  • ダンボール

これらは1点からでもリサイクル可能です。
ただし、マンガやノート、単行本、絵本、ハードカバーの本などはリサイクルできないので、持ち込む前に公式サイトで確認しましょう。

また、紙パックや卵パックを持ち込むと、BOXティッシュ1箱と交換してもらえることがありますが、このサービスはセイコーマートで購入した商品に限られます。
紙パックを持ち込む際は、開封して洗い、乾かした状態で持ち込むようにしてください。

リサイクル時の注意点

ダンボールを2つ以上持ち込む場合は、必ず紐で縛ってから持ち込んでください。
コンビニは忙しい場所なので、紐で縛らずにバラバラの状態で持ち込んだり、折りたたまないで箱のまま持ち込んだりしないよう注意しましょう。

また、混雑するお昼時などの持ち込みは避け、事前に電話で確認すると安心です。
私の経験上、ダンボールの持ち込みを断られたことはありませんが、店舗によっては受け入れできない場合もあるので、注意が必要です。

ダンボールの持ち込み方


セイコーマートで受け入れ可能なダンボールのサイズは、縦1メートル、横80センチ、奥行き60センチが目安です。
これらのサイズ内に収めるために、ダンボールを折りたたんで紐で縛りましょう。
濡れていたり、油や食品で汚れていたり、金具が付いているダンボールは受け入れ不可能なので、注意してください。

ダンボールの結び方

ダンボールを結ぶ方法はいくつかありますが、最も一般的で手軽な「十字結び」を採用しました。

数が少なければ、わずか1分未満で簡単に結べるので便利です。
セイコーマートに持ち込む際も、予め結んでおくことで搬送が楽になります。

セイコーマートでのダンボール持ち込みプロセス

ダンボールを準備したら、次はセイコーマートへの持ち込みです。

十字結びでしっかりと固定しておけば、運びやすく、途中でばらける心配もありません。

セイコーマートに着いたら、「ダンボールを引き取ってください」と店員さんに声をかけるだけで大丈夫です

これだけで、自宅に溜まったダンボールをすっきりと片付けられます。

まとめ

セイコーマートでは、ダンボール以外にも新聞紙や雑誌など、リサイクル可能なアイテムを幅広く受け入れています。
特定の条件下では、紙パックや卵パックを持ち込むことでBOXティッシュと交換してもらえるサービスもありますが、これはセイコーマートで購入した商品に限られます。
持ち込む際は、紐でしっかりと結んでから、混雑を避けるため非ピークタイムに店舗に持ち込むことが推奨されます。

セイコーマートでのダンボール回収は、環境に優しいリサイクル活動の一環として行われています。
ダンボールは非常に場所を取るため、早めに処理してスペースを有効活用したいものです。
セイコーマートのサービスを利用することで、不要なダンボールを手軽に、かつ環境に配慮しつつ処分することができます。
セイコーマートへの持ち込み時は、単に店員に声をかけて引き取りを依頼すれば、すぐに対応してもらえます。
このサービスを活用して、家の中をスッキリさせましょう。

コメント

%d
タイトルとURLをコピーしました