ひとりでカフェに行くときの楽しみ方ベスト7

生活
アフィリエイト広告を利用しています

カフェは好きだけれど、ひとりで訪れるのはちょっと勇気が必要ですよね。

このように感じている方は多いのではないでしょうか。

始めは大変そうに感じるかもしれませんが、慣れてしまえば、ひとりでのカフェタイムはそんなに難しくないんです。
自分自身と向き合う時間を持ったり、普段とは異なる特別な雰囲気を楽しんだりすることができます。日常生活から少し離れた贅沢なひとときとして最適です。

そこで、私が実際に楽しんでいる、ひとりでカフェを満喫する方法をシェアしたいと思います。
この記事を読めば、ひとりでカフェに行きたくなるかもしれません!

ぜひこの記事を参考にして、ひとりカフェの魅力を体験してみてください。

目次

ひとりカフェ挑戦するのは難しい?

ひとりでカフェに行くことは、多くの人にとって少しハードルが高いかもしれません。
ひとりカフェの難しさを感じる理由にはいくつかあります

  • 周りの人の目が気になる
  • どう過ごせばいいのかわからない
  • 注文方法や店のルールがわからない

ひとりで何かをするのが苦手な人には、特に周りの人の目が気になることがあります。
しかし、大切なのは「周囲の人は、あなたが思うほど自分に興味を持っていない」ということです。
ひとりでカフェにいることで、「あの人は寂しそう」と思われることはほとんどありません。

気軽にひとりカフェを試してみるのもいいでしょう!

この記事では、過ごし方や注文方法に関する悩みも解決できますので、ご安心ください。

まずは慣れたお店から始めてみましょう

初めてのお店では、注文方法や席の取り方など、分からないことが多く感じられがちです。

ひとりカフェに挑戦する際は、以前に行ったことがあるお店からスタートするのがおすすめです。

スターバックスコーヒーやタリーズコーヒーなどの有名チェーン店なら、一度慣れればどの店舗でも快適に過ごせます。

初めての方にも挑戦しやすいですよ。

ひとりカフェでの適切な時間の過ごし方

ひとりカフェでの理想的な時間の過ごし方としては、大体60分から90分程度が適しています。
特に混み合っている時は、60分程度での退店がスマートと言えます。

もし店内が空いている場合、少し長く滞在しても問題ありませんが、120分などかなり長い時間を過ごす場合は、追加で何か注文することがマナーです。

店によっては、長時間の作業や勉強を禁止しているところもあるため、長時間滞在する際には注意が必要です。
長時間の作業や勉強が目的の場合、コワーキングスペースの利用を検討するのが良いでしょう。


ひとりカフェでの最適な過ごし方7選

それでは、ひとりカフェの時間をより価値あるものにするためのおすすめの過ごし方をいくつかご紹介します。

ひとりカフェでの過ごし方のアイデア

  • 読書
  • 勉強
  • 仕事
  • ノートや手帳を書く
  • 音楽鑑賞
  • 考え事をする
  • ぼんやり過ごす

これらは私が実際に試して、「これは良い!」と思った活動です。
スマホに夢中になって時間を忘れてしまうのはもったいないので、カフェに行く前に何をするか計画を立てておくと良いでしょう。

①本を読む

カフェでの読書は、定番ですがとても良い選択です。

人々の会話や背景音など、カフェ独特の環境音は心地よく、集中するのに適しています。

図書館や自宅が静かすぎると感じる人には、カフェでの読書が特に合っているでしょう。

カフェには読書をしている人が多いので、初心者にも取り組みやすいです。コーヒーの香りに囲まれながら本に没頭すると、時間があっという間に過ぎます。

紙の本に限らず、最近では電子書籍を読む人も増えています。
読書が苦手な人は、Audibleなどのオーディオブックを使うのもおすすめです。
オーディオブックなら、カフェの雰囲気を楽しみながら耳で物語を味わえます。

私自身は紙の本を好むので、よく本を持っていきます。

②勉強する

カフェでの勉強もおすすめです。

自宅での勉強に飽きたら、新鮮な気分を味わうためにカフェでの勉強を試してみてはいかがでしょうか?新しい環境は集中力を高めてくれます。

カフェで勉強する際のポイントは以下の通りです
  • 長時間席を占有しない
  • 消しカスなどが出ないようにする
  • ノートや参考書のように場所を取らない勉強をする

時々、カフェで大量の参考書を広げている人を見かけますが、これは迷惑に
なることがあり、カフェの雰囲気にそぐわない行動です。

カフェは勉強専用の場所ではないので、他のお客さんがリラックスしたり会話を楽しんだりしていることを尊重し、勉強道具は最小限に抑えるのが賢明です。
ノートや一冊の参考書で済む勉強なら、周りを気にせず集中できます。

本格的に勉強する際には、私はコワーキングスペースを利用しています。

③仕事をする

最近はノマドワーカーが増え、カフェで仕事をする人も増えています。

私もカフェでのブログ作業などを行うことがあります。
勉強同様、環境を変えることで集中でき、気分転換にもなります。

カフェで仕事をする際の注意点は以下の通りです
  • 長時間座席を占有しない
  • フリーWi-Fiのセキュリティに注意する
  • 情報の取り扱いに気をつける
  • タイピング音を小さくする

カフェでの仕事ではセキュリティが最も重要です。
フリーWi-Fiは便利ですが、使用時のリスクに注意し、安全対策を怠らないようにしましょう。
私はフリーWi-Fiを使わず、ポケットWi-Fi【ギガWi-Fi】
を利用することが多いです。
また、他のお客さんがいるため、PC画面から情報が盗み見られることもあるので、個人情報を扱う際には特に注意が必要です。

④ノートや手帳を書く

ノートや手帳を使って自分自身と向き合う時間をカフェで過ごすのもおすすめです。

カフェの落ち着いた雰囲気の中で、いつもとは異なる環境で考えを巡らせることで、新しいアイデアが浮かぶこともあります。

忙しい日常から離れて、ゆっくりと自分の思考を整理するのは非常に有意義です。

カフェでは周囲の雑踏が心地よい背景音となり、新しい視点やアイデアが生まれやすい環境を提供してくれます。

自分との対話に集中するために、手帳やノートを使って計画を立てたり、思いを書き留めたりするのに最適な場所です。

私はカフェで、その日のタスクを見直したり、ブログのアイディアを考えたりすることが多いです。

こんな活動もおすすめです
  • アイデア出しや話題の探索
  • 悩みを紙に書き出す
  • マインドマップの作成
  • 本の感想を記す

紙に書くことで、記憶に残りやすくなる効果があるので、ノートを一冊持って行くのはどうでしょうか?
勉強や仕事と組み合わせて使うのも効果的です!

⑤音楽を聴く

カフェのBGMを楽しむのも良いですが、時には店内が騒がしくて落ち着かないこともあります。

そんな時は、イヤホンで自分の好きな音楽を聴くのがおすすめです。

私は、勉強中や集中が必要な時に音楽を聴くことがあります。
知っている曲だと歌詞を追いがちなので、勉強や仕事の際はインストゥルメンタルや洋楽が適しています。YouTubeの作業用BGMをよく聞きます。

カフェでの静かな雰囲気を期待していたのに、思ったよりうるさい時もあります。
音に敏感な方はイヤホンを持参すると安心です。

PC作業時にはイヤホンをしないこともあるため、タイピングの音量には注意します。

⑥考え事をする

一人でゆっくりと自分自身と向き合えるカフェでの時間は、考え事に没頭するのに最適です。

何か悩みがある時、じっくりと考えてみるのも良い方法です。
異なる環境にいると、新たなアイデアが浮かぶこともあります。
家で考え込んでいた問題も、カフェで考え直すと意外とすんなり解決することもありますよ。

私は、好きな音楽を聴きながらぼんやりと考え事をすることで気分が晴れることが多いので、気分転換にカフェをよく利用します。
気分が沈んでいる時こそ、自分をちょっとした贅沢で労わることが大切です。
考え事をするだけなら、手ぶらでカフェに行くのもいいでしょう。

疲れている時こそ、カフェでリフレッシュするのが私の好きな方法です。

⑦ぼんやりと過ごす

カフェに慣れてくると、何もしないで過ごしても楽しめるようになります。

カフェ独自のおしゃれな雰囲気は、ただぼんやりとしているだけでもリラックスできる効果があります。

店内の装飾を眺めたり、コーヒーの香りを楽しんだり、BGMを聴いたりするだけで、非日常を感じてリラックスできます。

カフェには家では味わえない様々な刺激があり、何もしなくても新鮮な体験ができます。

初めての一人カフェは、始めは少し敷居が高く感じるかもしれませんが、挑戦する価値は十分にあります。
カフェの特別な雰囲気を存分に味わってみてください。

何もせずに過ごすことも、心地よい休息となるでしょう。


まとめ

今回は、一人カフェでの過ごし方をご紹介しました。

一人カフェでのおすすめの過ごし方

  • 読書
  • 勉強
  • 仕事
  • ノートや手帳を使う
  • 音楽を聴く
  • 考え事をする
  • カフェの雰囲気を楽しむ

最初はハードルが高く感じるかもしれませんが、慣れればリラックスできる場所に変わります。
カフェでの充実した時間を楽しみたい方は、ぜひこの記事を参考にして、一人カフェを試してみてください。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメント

%d
タイトルとURLをコピーしました