学生服にくっつかない!おしゃれなマフラーの素材とお手入れのコツ

豆知識
アフィリエイト広告を利用しています

冬が深まると、マフラーが欠かせなくなりますね。

マフラーはただ暖かいだけでなく、女子高生の装いに可愛らしさも加えてくれます。

しかし、問題は、制服のブレザーにマフラーの毛が付着してしまうこと。

これは静電気が原因で、取り除くのがなかなか大変ですよね。

この記事では、ブレザーにマフラーの毛が付かないようにする方法や、もし付いてしまった時の取り方、毛が付きにくいマフラーの素材についてご紹介します。

目次

ブレザーにマフラーの毛が付かない方法と対処法


マフラーの毛が付きにくくなる方法と、付いてしまった毛の取り方について解説します。

マフラーの毛が付かない方法

▼静電気防止スプレーを使う

市販の静電気防止スプレーは、静電気を防ぐ効果があります。

マフラーにスプレーすることで、毛が付きにくくなります。簡単なので試してみてください。

▼マフラーを洗濯する

マフラーを洗うことで、柔軟剤の効果により静電気を減らすことができます。

特に「静電気予防」効果のある柔軟剤がおすすめです。

ただし、マフラーの素材によっては洗濯方法が異なるので、タグの表示を確認しましょう。

▼霧吹きで水をかける

マフラーに霧吹きで水を吹きかけると、静電気を防ぐのに役立ちます。

冬の乾燥した空気は静電気を発生させやすいので、水分を加えることで予防できます。

ブレザーについたマフラーの毛の取り方

▼粘着テープで除去

家庭でよく使われる方法です。粘着テープを丸めて、その粘着面で毛を取ります。

これは手軽で効果的ですが、粘着力が強すぎるテープは生地を傷める可能性があるため、注意が必要です。

▼クリーニングブラシを使用

クリーニングブラシを使って、優しく毛を取る方法もおすすめです。

テープよりも布地を傷めにくく、毛だけでなくほこりも一緒に取れるので便利です。

ブレザーなどの繊細な服にも安心して使えます。

ブレザーにマフラーの毛がついてしまった時は、これらの方法を試してみてください。


毛がつかないマフラーの選び方とおすすめ素材


マフラーの毛が制服につきにくくするためには、マフラーの素材選びが重要です。

異なる電気的特性を持つ素材がこすれ合うと、静電気が発生しやすくなります。

例えば、ポリエステル素材の制服とウール製のマフラーを組み合わせると、静電気が発生しやすく、毛がつきやすくなります。

そのため、制服の素材に合わせたマフラーを選ぶことがおすすめです。

以下に、静電気を発生させやすい素材の組み合わせを紹介します。

▼静電気を発生させやすい素材(プラス)
  • アクリル
  • ポリエステル
  • アセテート
▼静電気を発生させやすい素材(マイナス)
  • ナイロン
  • ウール
  • レーヨン
▼静電気が起きにくい素材

綿

例えば、ポリエステルの制服の場合、アクリルやポリエステルのマフラーが合います。

アクリル100%のマフラーなど、購入前に素材を確認することが重要です。

冬場は静電気が起きやすいので、静電気防止スプレーの使用も効果的です。

学生時代、私も手頃な価格のマフラーをよく選んでいましたが、素材を見ずに選んだため、制服に毛がついて困った経験があります。


まとめ

制服にマフラーの毛がつきにくくする方法やその原因についてご紹介しました。
静電気による毛の付着は、冬のイライラの原因の一つですね。
これからは、服や小物を選ぶ際に素材を意識し、静電気を発生させにくい組み合わせを選ぶことが大切です。

ご覧いただきありがとうございました。

コメント

%d
タイトルとURLをコピーしました