大量の燃えるゴミを一度に出すのは問題?適切な量について解説

生活
アフィリエイト広告を利用しています

大掃除や引っ越し時には、思いがけず多くの燃えるゴミが出ることがあります。
私自身、引っ越し時には、なるべく多くのゴミを処分しようとして、結果として多数のゴミ袋が溜まりました。

こうなると、一度にすべて処分したい気持ちになりますが、近隣への配慮から、出す量をどれくらいにするか迷うこともあります。例えば、3袋程度に抑えるべきかと悩むこともあるでしょう。

自治体によっては、燃えるゴミの量に制限を設けていることも多く、調べてみると、最少で2〜3袋、最多で10袋までという大きな差があることが分かりました。

これほどの差があることは意外ですが、今回は適切なゴミの量やマナーについて説明します。

目次

燃えるゴミの出し方のマナーと効率的な方法

引っ越し時にゴミを残さないようにするため、計画的に行動することが大切です。
たとえば、燃えるゴミの日に合わせて少しずつゴミを出す計画を立てることが重要です。

また、ゴミ袋が過度に重くならないように気をつけ、必要なら袋を二重にするなどの対策も必要です。

適切な燃えるゴミの量は2〜3袋がベスト
自治体によっては、燃えるゴミの上限量が定められています。

調査したところ、45Lの袋で3袋までとする自治体から、最大で10袋まで許可している自治体もありました。

大量に出す場合は、自分が住んでいる自治体の規定を調べた上で処理することが必要です。

しかし、たとえ10袋まで許可されていても、実際にそんなに出せるかどうかは別の問題です。
マンションの集積所や道路脇の集積所、店舗の近くなどで大量に出すことが不適切な場合もあります。

また、ゴミ収集車の収容量も考慮する必要があります。
このような状況に合わせて、適切にゴミを出すことが大事です。



大量の燃えるゴミどう処理する?集積場に出せない場合の対処法

ごみ袋

例えば、20袋や30袋もの大量の燃えるゴミが出た場合、週に2回の回収日に合わせて少しずつ出すのは手間がかかります。

自治体のゴミ処理施設に直接持ち込む方法があります。
この方法は多くの場合、有料となり、事前に電話で連絡しておく必要があります。
電話での問い合わせでは、ゴミの量に応じた処理費用の確認も可能です。

また、自治体によっては自宅からゴミ処理施設への運搬を依頼できることもあります。
大量のゴミや大型の粗大ゴミが発生する場合、例えば高齢者の施設入居に伴う引っ越し時など、事前の問い合わせが役立ちます。

コメント

%d
タイトルとURLをコピーしました