教科書の処分方法燃えるゴミとして出せる?プライバシーを守る処分方法を詳しく解説!

教科書 生活
アフィリエイト広告を利用しています

学年末になると、お子さんがいる家庭では、一年間使った教科書の処理に頭を悩ませることが多いですね。
将来的に役立つかもしれないと思っても、教科書は収納スペースを大きく取るため、保管場所に困ることがあります。

特に複数のお子さんがいる家庭では、教科書がどんどん溜まっていき、さらに保管に困ることでしょう。
我が家にも小学生の息子とがいるので、毎年学年末には教科書で溢れかえります。

今回は教科書の適切な処分方法について説明します。
多くの方が「教科書を燃えるゴミとして捨てることは可能か?」と疑問を持っています。
この疑問を解消するため、プライバシーを保護しつつ安全に教科書を処分するさまざまな方法をご紹介します。

この記事では、教科書の処分方法について詳しくご紹介します。
教科書を処分しようと考えている方は、ぜひこの情報を参考にしてください。

それぞれの方法に適した場合とそうでない場合がありますので、処分する教科書の量に合わせて選んでください。

目次

教科書の処分方法は3つ!

教科書

教科書を処分するための3つの異なる方法を解説します。

燃えるゴミとして出す

私が住んでいる地域では、教科書を燃えるゴミとして出すことはできませんが、自治体によっては可能なところもあるようです。

ただし、最近では燃えるゴミの袋が有料の専用袋となっていることが多いです。

教科書を多く入れ過ぎると袋が破れる可能性があるため、できれば5冊程度に留めるのが良いでしょう。

資源ゴミとして出す

私の住んでいる地域では、教科書は資源ゴミとして処理されています。

古紙を分別する際、雑紙、新聞、雑誌などの種類ごとに、それぞれの処分ルールが定められています。

種類ごとに分けて束ね、ひもで縛って出すのが一般的です。

不用品回収業者を利用する

子どもが多く、教科書もそれに伴って多い家庭や、資源ゴミの回収場所への運搬が難しい場合は、
不用品回収業者の利用も良い方法の一つですが、業者を選ぶ際は注意深く行い、信頼できる業者を選ぶことが大事です。

◇教科書にCDが付属している場合
英語の教科書など、CDが付属している場合があります。
CDは資源ゴミで出せないため、取り外し、自治体のゴミ区分に従って処分してください。

私の住んでいる地域では、
CDは資源ゴミとして処理することはできないので、取り外してお住まいの自治体のゴミの分別ルールに従い処分してください。



教科書に書いた個人情報の安全な廃棄方法

個人情報

教科書に名前などの個人情報を書くのはよくあることですが、このような情報が含まれる教科書をそのままにしておくと、情報が悪用される恐れがあります。

個人情報の不正使用を防ぐため、教科書を捨てる前にちょっとした工夫が必要です。
以下は、教科書の個人情報部分を安全に処分する方法です。

切り取る

教科書に記載された個人情報部分を切り取る方法です。
この部分は完全に切り取る必要はありませんが、情報が読めないようにすることが重要です。
切り取った部分は、さらに細かく切ったりしてから燃えるゴミとして捨てましょう。

塗りつぶす

個人情報が書かれた部分を油性マジックで塗りつぶす方法です

水性マジックでは完全に隠れないことがあるため、油性マジックの使用をおすすめします。

個人情報保護グッズを利用

市販されている個人情報保護用のスタンプやローラー、テープなどを使用し、個人情報が読めないようにする方法です。
これらの商品はホームセンター、文房具店、オンラインショップなどで手に入ります。

さらに、教科書に貼ったプリクラや写真も個人情報に該当します。
見落としがちですが、これらが貼ってある場合は剥がすか切り取って、誰だか分からない状態にしてから燃えるゴミとして捨てましょう。個
人情報を安全に守りながら教科書を廃棄するための重要なポイントです。

コメント

%d
タイトルとURLをコピーしました