カール販売エリア西日本地域限定販売の理由

食べ物
アフィリエイト広告を利用しています

「カール」というスナック菓子は、そのサクサクした食感とチーズの豊かな味わいで知られていますが、この製品は西日本地域でのみ販売されています。

関東地方にお住まいの方々の中には、なぜこの人気のスナックが地域限定であるのか疑問に思う方が多いかもしれません。

この記事では、カールの販売がなぜ西日本に限られているのか、その背景と境界線について詳しく説明します。

この記事を通じて、カールの販売が地理的に限定されている理由について理解を深めていただければと思います。

目次

カールの販売地域とその境界線

カールは京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県、兵庫県、大阪府、鳥取県、岡山県、島根県、広島県、山口県、香川県、徳島県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県といった西日本の広範囲にわたる地域でのみ見ることができます。

境界線は京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県の県境

1968年7月25日に明治製菓により発売された「カール」というスナック菓子は、トウモロコシを主原料とし、ノンフライの製法で作られています。その特徴はサクサクした食感とチーズの濃厚な味わいで、多くの消費者に愛されてきました。

この商品は、ポップコーンに触発されて開発されたものです。

当時の日本ではスナック菓子の概念がまだ新しく、明治製菓はポップコーンのような軽い食感を持つスナックを作ることを目指しました。

その結果、中山千夏氏を中心にした開発チームが現在のカールの形と食感を作り出しました。

この新しいスナックは、当時の市場に革新をもたらしました。従来のスナック菓子が主に揚げ物だったのに対し、カールはノンフライであり、濃厚なチーズ風味が特徴でした。

これにより、多くの消費者に受け入れられました。

カールはその後、チーズ味の他にも複数のフレーバーを展開し、1980年代には「カール ほっそり」という新しいバージョンも発売しました。

50年以上経った今でも、そのサクサク感とチーズの味わいで多くのファンに愛されています。

しかし、2017年5月には全国規模での販売が終了しました。

これは販売の低迷による収益性の悪化が原因です。

販売低迷の背景には、市場の変化や競合商品の台頭、消費者の健康志向の高まりなどが関係していると考えられます。

カール販売地域限定の理由

スナック菓子「カール」の市場シェア低下には複数の要因があります。1990年代以降、ポテトチップスなど揚げスナックの人気が上昇し、カールのシェアが徐々に下降しました。

また、消費者の健康意識の高まりにより、揚げ物スナックの摂取が減少し、これがカールの売り上げにも影響を与えました。

元々、カールは西日本を主な販売地域としていましたが、2000年代に入って全国での販売を拡大しました。

しかしながら、この全国展開は販売コストの増加と収益性の低下を招きました。

カールの全国販売終了は多くのファンに失望をもたらしましたが、メーカーの明治製菓は西日本での販売を継続し、ブランド価値を維持する方針を発表しました。

まとめ

カールの販売地域は、京都府から沖縄県までと広範囲にわたっています。この地域の境界線は京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県の県境に設定されており、この線より東側の中部、北陸、東北、北海道では販売されていません。

この地域限定の主な理由は、生産および物流コストの削減です。

カールは四国明治で製造されており、関西地域以西への販売により、コストが削減され収益性が向上すると判断されたのです。

コメント

%d
タイトルとURLをコピーしました