さつまいもの品種と味の特徴!簡単スイーツレシピも紹介

食べ物
アフィリエイト広告を利用しています

秋になると、さつまいもの美味しさが格段に増しますね。

さつまいもには様々な品種がありますが、各品種の特徴を詳しく知っている人は意外と少ないものです。

実は、さつまいもの品種は食感に応じて大きく3つのカテゴリーに分けられています。

自分の好みに合ったさつまいもを選ぶことが、選択を簡単にするポイントです。

今回は、数あるさつまいもの品種の中から特に人気のあるものをピックアップしてご紹介します。

さつまいもを使ったデザートのレシピも用意していますので、ぜひ試してみてください。

目次

さつまいもは品種によって味が違う?

さつまいもにはこんなに多くの品種があるんです!今回のおすすめ品種はこちら!

さつまいもは、1600年頃に中国から琉球(現在の沖縄)へ伝わり、その後薩摩(現在の鹿児島)に広がり「さつまいも」と呼ばれるようになりました。

戦時中や戦後は主食としても重宝されたさつまいもは、高度成長期の終わりに向けて、より美味しい品種の開発に努められました。

現在では、さつまいもの品種は30種類以上にも及びます。

これらの品種は、わかりやすく

  • ほくほくタイプ
  • しっとりタイプ
  • ねっとりタイプ

に分けられています。

どの品種を選ぶか迷ったら、これら3つのタイプから好みのものを選ぶと良いですよ!

今回は、それぞれのタイプから、特におすすめの品種をご紹介します。

さつまいものほくほく系の品種

さつまいもの種類を詳しく見ていきましょう。まずは「ほくほく系」からです。
この系統のさつまいもは、昔からある伝統的なタイプで、口の中でさくさくと崩れる食感が特徴です。

天ぷらやお芋ご飯、味噌汁など、幅広い料理に合いますし、焼き芋にすると特に美味しいです。

おすすめの品種

・鳴門金時
栗のような味わいでほくほくとした食感が魅力的な、さつまいもの代表的な品種です。
・紅あずま
粉質で甘みが強く、旬の時期にしか手に入らない貴重な品種です。見つけたら幸運ですよ!

さつまいものねっとり系の品種

甘みが特徴の「ねっとり系」のさつまいもを紹介します。
この種類は糖度が高く、水分も多いのが特徴です。

以前流行った「蜜芋」もこのグループに含まれます。

お料理よりも、焼き芋やスイートポテトなどのスイーツに最適です。

おすすめの品種

・安納芋
驚くほどの甘さで「蜜芋」として名を馳せた品種です。
・紅はるか
安納芋に負けず劣らずの人気を誇り、「安納芋より美味しい」という意味で名付けられました。

さつまいものしっとり系の品種

「しっとり系」のさつまいもです。
なめらかな食感が特徴で、ほくほく系とねっとり系の中間のような品種です。

どんな料理にも使いやすく、特に焼き芋にすると美味しさが引き立ちます。

おすすめの品種

・シルクスイート
新しい品種で、その滑らかな口当たりが人気を集めています。
・紅まさり
焼き芋にすると甘みが際立ち、形の整った美しいさつまいもです。

 

さつまいもを使ったスイーツレシピ

さつまいもを使ったデザートのレシピをご紹介します。
さまざまな種類のさつまいもを使って、その甘さを活かしたスイーツを作るのがオススメです。

これから簡単に作れるさつまいもデザートやスイーツのレシピを紹介するので、ぜひ挑戦してみてください。
さつまいもを使った手軽で美味しいスイーツレシピをご紹介します。

炊飯器でつくるさつまいもケーキ

まずは「炊飯器で作るさつまいもケーキ」です。

材料は、さつまいも1本、ホットケーキミックス200g、卵1個、牛乳150ccです。

作り方:

さつまいもを洗い、1cm角に切って耐熱容器に入れ、600Wで2〜3分加熱し、冷ます。

皮が苦手な方は剥いてもOKです。
ボウルにホットケーキミックス、卵、牛乳を入れて混ぜ、冷ましたさつまいもを加えて軽く混ぜ合わせる。
これを炊飯器に入れて、ケーキモードで焼けば完成です。

ケーキモードがない場合は普通の炊飯モードでOKですが、炊飯器によって仕上がりに差が出ることもあります。

手軽に作れるスイートポテト


「手軽に作れるスイートポテト」です。

必要な材料は、さつまいも1本、バター10g、牛乳30cc、砂糖20g、卵黄半分です。

作り方:

さつまいもを皮をむいて輪切りにし、耐熱容器で600Wで2〜3分加熱する。
ブレンダーやミキサーでさつまいもを粗くつぶし、バター、砂糖、牛乳を加えて滑らかになるまで混ぜる。

ブレンダーがなければ、泡立て器やマッシャーでも大丈夫です。
一口大に整えてアルミホイルのカップにのせ、オーブントースターで3〜5分焼いて完成。

表面に卵黄を塗ると艶やかになりますが、なくても構いません。

あげないさつまいもチップス

「揚げないさつまいもチップス」のレシピです。

材料は、さつまいも1本、塩少々、オリーブオイル大さじ1です。

作り方:

さつまいもを洗ってスライサーで薄く切り、キッチンペーパーで水気を拭き取る。
ボウルでさつまいもにオリーブオイルを絡める。
オーブンシートを敷いた天板に並べ、180度で25分ほど焼く。水分が抜けてカリカリになるまで調整する。
塩を振って完成です。
これらのレシピは簡単でヘルシーなスイーツを楽しむのにぴったりです。ぜひ試してみてください。

まとめ

今回は、さつまいものさまざまな品種と、それを使ったレシピについてお話しました。

さつまいもには多くの品種があり、「ほくほく系」「しっとり系」「ねっとり系」という3つのタイプに分けられています。

ねっとり系はスイーツ作りに最適で、ほくほく系やしっとり系は料理にもスイーツにも幅広く使えます。

作りたい料理に合わせて、さつまいもを選ぶのも良いですね。

さつまいもを使ったデザート作りもおすすめですよ。

炊飯器を使ったケーキやスイートポテトなどは、簡単で手早く作れるため、子供たちもきっと喜んでくれるでしょう!

コメント

%d
タイトルとURLをコピーしました