12色の絵の具セットで自然な肌色を作る方法

生活
アフィリエイト広告を利用しています

肌色の絵の具がない場合でも、心配する必要はありません。

12色の絵の具セットを使用して、自然な肌色を作る方法をご紹介します。セットによって含まれる色は異なるものの、基本の三原色を使用すれば、さまざまな肌色を作成することが可能です。

この記事では、肌色を作る方法とそのコツについて解説します。絵の具と色鉛筆での作り方の違いも説明しています。

今では「肌色」という言葉はあまり一般的ではありません。

この用語の歴史的背景と現代的な呼び方について、記事の最後で詳しく説明します。

目次

肌色の作り方

ここでは、肌色を作る主な3つの方法をご紹介します。

赤・黄・白を混ぜる

この方法では、赤と黄色を混ぜてオレンジ色を作り、そこに白を加えて色を調整します。

赤・黄・青を混ぜる

この方法でも、赤と黄色でオレンジ色を作り、そこに青を少しずつ加えます。

オレンジに白を混ぜる

オレンジ色の絵の具がある場合は、オレンジ色に白を混ぜるだけで、簡単に肌色が作れます。

肌色を作るときのポイント

肌色は人によって異なります。

そこで、肌色を作る際のポイントをいくつかご紹介します。

​​暗い色合いには黒より青を

暗めの肌色を作りたい場合は、黒より青を使うことをお勧めします。

黒を使うと不自然になりがちで、茶色っぽくなることがあります。


肌色を作る際の重要なコツ

肌の色は人によって異なるため、肌色を作る際にはいくつかのポイントがあります。

ここでは、そのポイントについて詳しく解説します。

暗い肌色は青色を使って

暗めの肌色を作りたいときは、黒色よりも青色を使うことをおすすめします。黒を混ぜると、肌色が不自然になり、こげ茶色になりがちです。

透明感を出すには水を活用

白い肌色を自然に表現するには、白色を加えるのではなく、水で薄める方法が効果的です。特に透明水彩を使う場合、白色を使わずに水で濃淡をつけるのが基本です。

色鉛筆で肌色を作る方法

色鉛筆でも肌色を作ることができます。

まずは黄色をベースとして薄く塗り、その上から軽く赤色を重ねます。

色鉛筆を使う場合、白や青を加えなくても肌色に見える方法です。

顔の影などをつける際は、青色を重ねると良いでしょう。

さらに、オレンジ、紫、ピンクなどを使って顔の赤みを表現する高度な技法もありますが、初心者には赤と黄色の2色を使うことがおすすめです。


絵の具や色鉛筆には「肌色」が存在しない?

色鉛筆

これまで「肌色」という言葉を使用してきましたが、実は絵の具や色鉛筆の世界に「肌色」という色は存在しません。

​​「肌色」という名称は使用されなくなっている

以前は一般的だった「肌色」という呼称は、現在では「うすだいだい色」や「ペールオレンジ」などと呼ばれることが多くなっています。

これは、日本に住む様々な国籍の人々に配慮し、人種差別的な意味合いを避けるための変化です。

2005年頃から、この理由で「肌色」という名前の鉛筆や絵の具の販売は減少し始めました。

幼稚園などで使用される色鉛筆やクレヨンには「うすだいだい色」と記されていることがあります。

肌色を混色で作る基本を覚えておけば、様々な肌の色を表現できます。

白い肌の女性や日焼けした子供など、登場人物に合わせた肌色の使い分けで、リアリティある人物画を描いてみましょう。

人物の肌の色に変化をつけることで、色彩豊かな絵画を作り出すことができます。

コメント

%d
タイトルとURLをコピーしました