自宅で手軽に作れる!散髪用ケープのDIYガイド

生活
アフィリエイト広告を利用しています

自宅で散髪する際に便利なケープを、簡単な手作り方法で作ってみましょう。
散髪時には、ハサミと一緒に、自分で作ったケープを用意してみてください。
これにより、購入するよりもコストを抑え、お手入れも楽になります。

この記事では、日々の生活で使うアイテムを活用したケープの作り方や、
子どもが嫌がる時の対応策をご紹介します。
自宅での散髪をより簡単にするために、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

この記事は以下のような方におすすめです!

  • 散髪後の片付けを楽にしたい方
  • 低コストで自宅で散髪をしたい方
  • 子どもが散髪用ケープを嫌がる方

自宅での散髪セットは準備できていますか?
当社おすすめのセットは、ハサミやクシ、そしてカットの手引きが付いています。
これがあれば、自宅で安心して散髪ができますよ。

目次

自作散髪ケープがおすすめな3つの理由


コストの節約、使い勝手、収納の簡便さを考えると、ケープを自作するのがおすすめです。
それぞれの理由を詳しく見ていきましょう。

自作なら市販品にかかるコストを削減可能

自分でケープを作ると、市販品にかかる費用を節約できます。
ネットで見ると、1,000円程度の商品が多いですが、自作すればその費用を削減できます。

100円ショップの商品もありますが、耐久性や使い勝手に問題があることもあります。
安くても頻繁に買い換える必要がある場合、結局のところ費用は増えてしまいます。
自作なら、そういった心配は不要です。

使い勝手の良いケープを自作できる

市販品を購入する前に、自作のケープを試してみることをおすすめします。
市販のケープは使い心地やサイズが合わないことがありますが、
自作なら自分の好みに合わせて調整できます。

子どもがケープを嫌がる場合の対策については、記事の後半でご紹介します。
自作なら、使いやすいケープで、無駄な出費やストレスを減らすことができますよ。



自作で使いやすいケープの工夫


市販のケープと違って、自作なら自分の好みに合わせて使い心地を調整できます。
生活にあるアイテムを活用して、オリジナルのデザインや機能を加えることができるのです。

たとえば、ゴミ袋や使わなくなった傘を使い、自分の必要に応じてサイズや形を自由にカスタマイズできます。
これによって、散髪時の不快感を減らし、後片付けも楽になります。

ケープ作りに適した素材の選び方

ケープに使う素材選びは大切です。
例えば、ゴミ袋は軽くて防水性が高いため、簡単にカットできて初心者にも向いています。
古傘は水をはじく力が強く、丈夫なのも特徴です。

素材の厚さや柔らかさ、洗いやすさも考えると良いでしょう。
これらを考慮すれば、コストを抑えつつ機能的なケープを作ることができます。

子どもがケープを嫌がるときの対処法

子どもがケープを嫌がるときには、いくつかの対処法があります。
まず、子どもの好きな素材やデザインを選ぶことで、嫌悪感を減らすことができます。

また、散髪時に子どもの好きなキャラクターや色を取り入れたケープを使うと、
子どもが楽しく散髪に取り組めます。

子どもが興味を示すアクセサリーやおもちゃをケープに取り付けるのも効果的です。
これらの工夫をすることで、散髪時のストレスを和らげることができるでしょう。

自作する使い捨てケープで片付け簡単

市販の散髪ケープにはワイヤーが入っているものが多いですが、
これが収納時に少々手間がかかります。
特にワイヤー入りケープは収納にコツが要るんですよね。

私の家でもこのタイプのケープを使用していますが、
ワイヤーの扱いに手を焼き、何度もやり直しをすることがあります。
散髪後の片付けで一番面倒な作業だったと思います。

ワイヤーの折りたたみ方はインターネットで見られますが、
上手く収納するのは思ったより難しいものです。
実際、商品のレビューにも収納の難しさを指摘する声が多くあります。

でも、自分でケープを作れば、ワイヤーの収納に頭を悩ませることなく、簡単に片付けられます。

自作の使い捨てケープを作れば、片付けの手間をぐんと減らすことができます。


散髪ケープの作り方は意外と手軽!使用材料はゴミ袋や傘の布

散髪用ケープの作り方は初めてですか?何を準備すればいいかお悩みかもしれませんね。
実は、散髪ケープはゴミ袋や傘の布を使って簡単に作れるんです。

家にあるものや不要になった物を使えば、更にコストもかかりません。
今回は2つの作り方を紹介します。

ゴミ袋を使った散髪ケープは作りやすく片付けも楽

ゴミ袋を使った散髪ケープは、作るのも片付けるのも簡単で、特におすすめです。
私も子供の散髪時にはいつもこの方法を利用しています。作り方をご紹介します。

ゴミ袋を使った散髪ケープの作り方

必要なもの

45リットルのゴミ袋、ハサミ、油性ペン(オプション)、洗濯ばさみ

作り方
  1. ゴミ袋を縦横に折り、十字の折り目を付けます。
  2. 折り目がつかない場合はペンで中心を印します。
  3. 袋の底部分を中心から約15センチ切り込みます。
  4. 定規がなければ手の幅で測っても大丈夫です。
  5. 袋の口部分を十字の折り目に向かって折り返します。

これが切った髪の毛を受ける部分になります。

頭が入るように袋に穴を開けます。

大きさが合わない場合は、洗濯ばさみで調整します。
これでゴミ袋のケープが完成です。
ただし、バリカンで激しく切る際には髪が飛び散ることがあるので、
初めて使用する時は掃除しやすい場所で使うことをおすすめします。

散髪が終わった後には、ケープの受け皿部分をさらに折りたたんでまとめれば、
簡単にゴミ箱に捨てることができます。この方法なら、片付けも手間がかかりません。

このように、ゴミ袋を使った散髪ケープは、作るのも片付けるのも簡単で便利です。
散髪の際にぜひ試してみてください。

廃傘を使った散髪ケープの作り方

材料

傘の布、伸縮性のあるゴム紐、ハサミ、縫い針と糸、紐通し

手順
  1. 傘を解体して、骨と布を分けます(布の上部を頭が通るように切り取るため、解体の際にカットしても大丈夫です。)
  2. 布の上端を頭が通る大きさに切ります。
  3. 切り口の端を約2センチ内側に折り返し、周囲を縫ってゴム紐を通す通路を作ります。
  4. ゴム紐を挿入するため、数センチの開きを残しておきます。
  5. 縫った部分に紐通しを使い、ゴム紐を通します。

ゴム紐の長さを調整して完成させます。
このケープには受け皿がないので、散髪時はお風呂場で行うか、
新聞紙を敷いて行うのが良いでしょう。

不要になった傘があれば、このように散髪ケープへとリメイクしてみてください。

お気に入りの傘も、散髪ケープに生まれ変わらせることができます。これで散髪の準備は万全ですね。

さらに散髪の技術を高めたい場合は、この商品がおすすめです。
プロの美容師が監修した、階段状の刃と3つのカーブ刃を備えた散髪セットで、髪の毛をスムーズにカットできます。
美容院でのカット料金程度で購入可能ですよ。

子供が散髪ケープを嫌がる時の対策2つ

子供に散髪ケープを嫌がられたら、ちょっとした工夫で解決できます。
子供がケープそのものを嫌がるか、それとも散髪自体が苦手かによって対応は異なります。
具体的な方法をご紹介します。

散髪ケープを嫌がる時は首元への注意

子供が散髪ケープを嫌がる場合、首回りにタオルやキッチンペーパーなど
肌触りの良いものを巻くといいですね。
特に首が敏感な子供にとっては、切った髪の毛が肌に触れないようにする工夫が必要です。
また、ケープがすれる音の軽減にも役立ちます。

我が家の10歳の子もケープが苦手で、以前はお風呂場で何も使わずに髪を切っていました。
ゴミ袋のケープを試したところ、初めは音や素材に抵抗がありましたが、
首元にキッチンペーパーを巻くと気に入って散髪をさせてくれるようになりました。

首に巻いたキッチンペーパーは使い捨て可能なので、後片付けも楽です。
子供には小さな変化が大きな差をもたらすことがあります。

散髪自体が苦手な子供への対応

散髪を嫌がる子供には、注意を逸らすことが大切です。
髪を切る音や雰囲気、イヤイヤ期など、嫌がる理由は様々です。
無理に切ると散髪に対する悪印象が残り、より嫌がることになりかねません。

散髪中に子供の気を紛らわせる方法を紹介します。
テレビや動画を見せたり、手で遊べるおもちゃを渡したり、絵を描かせたりするのが効果的です。
話をしたり歌を歌ったりして、散髪を楽しい時間に変えるのも良いですね。

4歳くらいの子なら「散髪したらご褒美」も有効です。

親子で楽しい散髪時間を作るために、これらの方法を試してみてください。


まとめ

散髪ケープは自宅で簡単に手作り可能
手作りケープはコスト効果も高く、使用感も良い
ゴミ袋や不要になった傘の布で簡単に作成できる
子供が散髪ケープを嫌がる時は首元に工夫をするとよいです。

散髪自体を嫌がる子供には気を紛らわせる工夫が重要
散髪ケープは必須ではないが、あれば便利です。
自宅で手作りのケープを使い、コスト削減と後片付けの簡素化を図りましょう。
また、散髪の満足感を高めるために、適切なツールの選択も重要です。
例えば、ハサミ、クシ、クリップを含む散髪セットは大変役立ちます。

掃除用の布や調整器具もセットに含まれている場合があり、
これらは散髪時の便利さを格段に向上させます。

散髪セットには機能性とデザイン性が考慮されたものも多く
シザーケースにまとめられていると、散髪時の気分も盛り上がります。
このようなセットを使えば、家庭での散髪もより楽しく、効果的に行うことができますよ。

コメント

%d
タイトルとURLをコピーしました