注意喚起!「USBスキャン&修復」表示に対する正しい対応方法

虫めがね デジタル
アフィリエイト広告を利用しています

あなたの信頼するUSBが、ある日「スキャンして修復しますか?」というメッセージを突然表示し始めたら、どうしますか?

このメッセージは、USBを長期間愛用する多くの人が直面するものです。
しかし、このような提示に直面した時、多くの人が直感的に「修復」を選択しますが、それが実はデータを危険に晒す行為であることをご存知でしょうか?

この記事では、そんなUSBの使用中によくある「スキャンして修復」メッセージへの最適な対応策を解説します。

なぜ無視するのが賢明なのか、そして、もしデータを守りたいなら、どのように対処すべきかについて、具体的なガイドラインを提供します。

さらに、データ喪失のリスクを避け、USBを長持ちさせる秘訣をお教えします。
この記事を読むことで、あなたの大切なデータを守る知識と自信が身につき、USBをより安全に、より効果的に使用できるようになります。

USBの警告メッセージに対する正しい理解と対応策を知ることは、デジタル時代における必須のスキルです。
この記事を最後まで読んで、あなたのデータを守るための一歩を踏み出しましょう。

目次

「スキャンして修復」は逆効果?

虫めがね
長期間USBを使用していると、「USBドライブをスキャンして修復しますか?」というメッセージや「今すぐドライブをスキャンして修復してください」という表示が出ることがあります。
Windowsではこのような表示がよく出ますが、特にWindows 10では通知エリアに表示されることが多いです。

共通しているのは、スキャンして修復することを促している点です。

しかし、これらのメッセージに従うのは避けた方がいいでしょう。
以下では、従った場合に何が起こるのかを説明します。

スキャンして修復を実行すると、一見問題が解決し、メッセージも消えます。
しかし、その後数日で突然データが消えたり、USBが認識されなくなることがあります。

私も過去にこのメッセージに従ってデータを失った経験があるため、最近ではそれを避けるようにしています。
これにより、USBを長持ちさせることができています。


「スキャンして修復」メッセージが出たらどうする?

メッセージ

「スキャンして修復」を促されたら、一番いい対処法は、それを無視してそのまま使用を続けることです。

無視するというのは、Windows 7などでポップアップウィンドウが表示された場合は、閉じるボタンを押すか、「スキャンしないで続行」を選択することを意味します。

Windows 10で通知が出た場合は、その通知を無視して普通にファイルエクスプローラーからUSBにアクセスします。

この対応をしても、USBにアクセスできなくなることはありませんし、PCが重くなることもありません。
ただ、USBを接続するたびにこのメッセージが出ることにはなりますが、データを失うリスクを避けるためにはこの対応が最善です。

実際に対応が必要な場合は?

実際に対応が必要な場合、どうすればいいのでしょうか?
本来の対処法は、USBに何か操作を加えるのではなく、大切なデータをバックアップすること、あるいは新しいUSBに移行することです。

このメッセージが表示される主な理由は、長年使われた古いUSBであることが多く、これをそのまま使い続けるとデータが予期せぬタイミングで失われるリスクがあります。

バックアップは、PCのハードディスクにするのも良いですし、バックアップ専用のCDを使うのも一つの方法です。
また、容量が大きな新しいUSBを購入し、そこに重要なファイルのバックアップ用フォルダを作っておくこともおすすめです。
この方法なら、古いUSBのデータへも容易にアクセス可能です。

さらに、全てのデータを一気にバックアップするのではなく、特に重要な文書が保存されているフォルダから順にバックアップを取るのも良いアプローチです。



まとめ

長くUSBを使用すると、「スキャンして修復しますか?」というメッセージが現れることがあります。
このメッセージは、多くの場合、USBの長期使用による通常の現象ですが、その指示に従うと、一時的に問題が解消されたように見えても、後にデータが失われるリスクがあります。
実際、スキャンと修復を実行した後にデータが突然消えたり、USBが認識されなくなるケースが報告されています。

では、このメッセージが表示された場合、どう対応すればよいのでしょうか?
基本的には、このメッセージを無視して通常通りUSBを使用するのが最善です。
Windows 7ではポップアップを閉じ、Windows 10では通知を無視してください。
この対処法により、USBを安全に長期間使用することが可能です。USBが正常に機能し、PCの動作が遅くなることもありません。

しかし、このメッセージが頻繁に表示される場合は、USBのデータを別の場所にバックアップすることをお勧めします。
バックアップは、PCのハードディスク、バックアップ専用のCD、または新しいUSBにすることができます。
特に重要なファイルがある場合は、それらを優先してバックアップしてください。

まとめると、「スキャンして修復」のメッセージは無視し、大切なデータは定期的にバックアップすることが、USBを安全に長持ちさせる鍵です。
この方法により、データを失うリスクを減らしつつ、USBを効果的に活用することができます。

コメント

%d
タイトルとURLをコピーしました