マクドナルドでのクーポン利用は番号だけでは不十分?ドライブスルーの使い方も解説

クーポン 食べ物
アフィリエイト広告を利用しています

多くの人がマクドナルドを少しでも安く利用したいと思いますよね。

そんなときに使えるのがクーポンです。

今回は

マクドナルドのクーポン利用は言うだけでできる?

ドライブスルーでの使い方

を紹介します。

マクドナルドでクーポンを使うときは

クーポンの番号を伝えるだけでは利用できない
とのことです。

この記事では、マクドナルドのクーポンを利用する際に、なぜ番号を伝えるだけでは不十分なのか、そしてドライブスルーでの使用方法について説明します。

目次

マクドナルのクーポン利用は番号を言うだけで使える?

クーポン

マクドナルドのクーポンを使うとき言うだけで使うことができるのか気になりますよね。

クーポンにも種類があり、紙のクーポンやスマートフォンのクーポンもあります。

また、スマートフォンの画面を提示する必要があるのか、それとも番号を伝えるだけで済むのか疑問に思います。

 

この疑問に対する答えを求めて、マクドナルドのカスタマーサービスに問い合わせてみました。

回答は

クーポンの番号を伝えるだけでは利用できない

 

マクドナルドのクーポンを使用する際は、クーポン番号の提示が必要です。

この番号を知っていても、店員に見せなければ割引は適用されません。

カスタマーサービスに確認したところ、スマートフォンアプリやニュースサイトからのクーポンは、スマートフォンを持参しないと利用できないとのことです。

紙のクーポンも同様で、注文時に提示する必要があります。

クーポンの不正利用を防ぐため、提示が必要とされています。
これ、スマホで普段モバイル回線をオフにしていると、レジに行ったときに回線が切れていて表示できなかったなんてトラブルも何度かあります。
利用期限のものならスクショでも使えるところや番号を言うだけで使えることもあります。
ただし、店舗や店員の判断によるものなので、基本は使えないと思っておいたほうが良いです。
※ただし、紙のクーポンはコピーは使えません。



ドライブスルーでのクーポンの使用方法

ドライブスルーでのクーポン使用方法は、注文時にクーポン番号を伝え、会計時にクーポンを提示する形式です。

注文マイクに向かって、「◯◯番のクーポン1つ」といった形で伝えると理解されます。

セットメニューの場合、飲み物も選ぶ必要があります。

注文後、店員が内容を確認するので、注文内容とクーポン内容が一致しているか確認すると良いです。

間違いがあればその場で訂正が可能です。

お会計の際には、クーポン画面を見せるか紙のクーポンを渡します。


まとめ

マクドナルドのクーポンを利用するときは基本的には、「注文時にクーポン番号を言う⇒会計時にクーポンを見せる」という流れです。

ただし、店舗によっては番号を言うだけで対応してくれることもありますが、これは店員の判断によるものです。

マクドナルドでは、基本的にクーポンは提示して使用することになっています。こ

れを覚えておくと良いでしょう。

コメント

%d
タイトルとURLをコピーしました