どうすればクリスマスケーキを長持ちさせられる?箱での保存はダメ?

アフィリエイト広告を利用しています

クリスマスケーキを上手に保存する方法、ご存じですか?
セールでお得に購入したクリスマスケーキが余ってしまうこと、よくありますよね。
そんな時のために、クリスマスケーキの正しい保存方法を調べてみました。

この記事では、クリスマスケーキを効果的に保存する方法をご紹介します。
大きなポイントは、クリスマスケーキを長く保つ保存法です。
箱のままでの保存は適さないため、他の方法を探ることが重要です

目次

クリスマスケーキを長持ちさせる保存方法


箱に入れたままのクリスマスケーキを保存するのは避けた方がいいですが、ではどうすれば良いのでしょうか?

この記事で解説します。

箱で保存するとダメな理由

箱で保存すると、ケーキのスポンジが乾燥し、硬くなりがちです。
たとえ1日であっても、ケーキは乾燥して水分を失い、食感が悪くなります。
冷蔵庫で箱に入れたまま保存すると、他の食品のにおいがケーキに移りやすくなります。
それでは、どのように保存すれば良いのでしょうか?
この記事で詳しく調査しました。

クリスマスケーキを冷蔵庫で保存するコツ

まず、この季節は寒いので、常温でも大丈夫ですが、短期間に限ります。
しかし、より安全に保存するためには、冷蔵庫を利用することをお勧めします。
冷蔵庫での保存期間は、一般的に約4日が限界ですが、ケーキの種類によって異なります。
特にカスタードクリームを含むケーキは、早めに食べることが望ましいです。
また、何度も言いますが、箱のまま冷蔵庫に入れて保存すると、味やにおいが劣化することがあります。

タッパーでの上手な保存方法

最適な方法は、タッパーを使って保存することです。

回転寿司店で見かける、鮮度を保つために使われるタッパーのようなものですね。
ただし、ケーキをタッパーに入れる際は崩さないよう注意が必要です。
効果的な方法は、蓋にケーキを置いてからタッパーで覆うことです。
つまり、タッパーを逆さまに使うわけですね。

これで、ケーキの保存は完璧です。


クリスマスケーキの冷凍保存法


翌日までなら常温、数日間なら冷蔵で、もっと長く保存したいなら冷凍が適切です。
では、クリスマスケーキをどうやって冷凍保存するのか、その方法を見てみましょう。

生フルーツを使ったケーキの冷凍は避けるべきです。

特に、イチゴのようなフルーツをケーキに添えたまま冷凍してしまうと、
解凍する際に水分が出てしまい、ケーキの食感が損なわれることがあります。

冷凍保存もタッパーを利用します。
まず、ケーキの高さより深い保存容器を準備します。

保存容器の蓋にケーキを乗せます。
アルミホイルを敷くと、後で取り出しやすくなります。
カットケーキの場合、下に紙が敷いてあるので、そのまま蓋に乗せても大丈夫です。
保存容器を上から覆います。
冷蔵保存時と同じ方法です。
冷凍庫のスペースが限られているので、100円ショップで複数のタッパーを用意しておくと便利です。

冷凍保存したケーキの持ち時間に関しては、味の劣化を気にしなければ数か月持つ可能性がありますが、試したことはありません。
一般的には、1か月程度ならまだ美味しく食べられるとされています。
でも、やはりケーキは1か月以内に食べるのがベストですね。


まとめ

この記事で、クリスマスケーキの保管方法をご紹介しました。
Twitterで3年間もケーキを保存している方の話もありますが、基本的には新鮮なうちに食べるのがベストです。

私も今年は、セールでお得になったクリスマスケーキを何個か買う予定です。
昨年は、本当に半額のクリスマスケーキを求めて、いくつかのコンビニを巡りました(笑)。
この記事で学んだ保存テクニックを試すため、タッパーで保存してみるつもりです。

記事をお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

%d
タイトルとURLをコピーしました