support@enmasuoprime.comを通じたプライムメンバーシップの更新通知は正規のものか、それとも迷惑メールか?

デジタル
アフィリエイト広告を利用しています

あなたのメールボックスに届いたAmazonプライム更新の通知は、本当に信頼できるものでしょうか?
近頃、多くの人々がAmazonプライムを装った巧妙な詐欺メールに頭を悩ませています。
これらのメールは一見すると本物のように見えますが、実は個人情報を盗み出すための罠かもしれません。
本記事を読むことで、詐欺メールを見分ける方法、そしてもし詐欺メールを受け取った時の対処法を学ぶことができます。
また、実際に詐欺メールに遭遇した人々の体験談を通じて、どのような点に注意すべきか、具体的な手がかりを得ることができるでしょう。
情報の正確な確認方法から、不審なメールにどう対応すべきか、さらには自身のセキュリティを守るための実践的なアドバイスまで、この記事があなたとあなたの大切な情報を詐欺から守るための一助となります。
読み進めることで、デジタル時代における安全なネット利用のための知識が深まり、もう二度と詐欺メールに悩まされることがないようになるはずです。

 

■関連記事
詐欺メールや偽サイトにの見分け方などの詳細はこちらの記事で紹介しています。
詐欺メールで偽サイトや詐欺サイトにだまされないために!対策と見破り方は?
 

目次

support@enmasuoprime.comからのプライムメンバーシップ更新通知、その真実は?

更新マーク

support@enmasuoprime.comからのプライムメンバーシップ更新に関するメールは、フィッシング詐欺である可能性が非常に高いと断言できます。

このメールアドレスのドメイン「enmasuoprime.com」はAmazonとは一切関連がありません。
さらに、Amazonプライムに加入していないユーザーにも同様のメールが送信されている報告があります。

メール内でURLクリックを促される場合がありますが、カーソルを合わせて表示されるリンクを確認することが重要です。
Amazonとは無関係のURLが表示されるはずです。

仮にアクセスしてみて、存在しないはずのユーザーIDやパスワードでログインが可能であれば、それはフィッシング詐欺の証拠です。

Amazonからのメールを受信した場合、リンクをクリックせず、公式サイトのマイページから直接情報を確認することが推奨されます。

Amazonは送信したメールをアカウントサービスのメッセージセンターで確認できるようにしています。
ここに記載がなければ、そのメールはAmazonからのものではありません。

架空請求詐欺メールは、具体的な名宛人や請求者情報、請求内容や金額を示さずに不安を煽る内容で送られてきます。

これらのメールは、基本的に無視することが最善の対処法です。

また、不審なメールが届いた場合は、リンク先を開いたり、指示に従って個人情報を入力しないように注意してください。
特に、指定されたアプリのインストールや個人情報の入力は絶対に避けるべきです。
これらの行為により、個人情報が不正利用されたり、不正アクセスの危険にさらされる可能性があります。

フィッシング詐欺の手口は日々巧妙化しており、偽の公式サイトに誘導して個人情報を盗み取るケースも報告されています。

突然のSMSやメールに記載されたURLを開かないように注意し、疑わしい場合は直接公式サイトを確認するか、公式の連絡先に問い合わせることが重要です。

本物のAmazonのメールと偽物のメールの見分け方

違い

Amazon prime会員やショッピングを利用していると、本物のメールも届きます。
たとえば商品を買ったけれどクレジットカードの期限が切れていて、決済ができてなくて商品が送られてこない。
プライム会員の登録クレジットカードの期限が切れていて、決済ができなかった。
といった本物のメールもあります。

これを放置していると困った事態にもなりますからね。
では偽物と本物のメールの違いの見分け方を知っていると安心できますよね。

本物のAmazonのメール

本物のメールは認証を確認することでわかります。
一番わかりやすいのはメールにAmazonのマークがついているもの。
これならメールを開く前に本物かどうか確認できますよね。

本物のメールにはメールボックスのメール一覧にてAmazonのマークがついています。

商品を注文したときなどはわかりやすいですが、

今回みたいに「Amazonで売りませんか?」といった宣伝メールだとちょっと怪しく感じますね。

 

メールを開いてから見分けるには認証情報をみます。

本物認証情報

このメールではAmazonより送信されていることが保証されています。

と書かれていますね。

ニセメールの内容

ではニセメールの内容がどんなものか実際にお見せします。

私のメールアドレスにも探してみたら届いていました。

宛先はJAPANAmazonです

認証情報を見てみると、認証情報はありません。

アマゾンジャパンにんしょう

 

メールの内容。

ニセメールの内容

Аmazon お客様お知らせします
Amazonプライムをご利用頂きありがとうございます。お客様のAmazonプライム会員資格は、2024-02-02 14:35:06に更新を迎えます. お客様のアカウントを維持するため Аmazon アカウントの 情報を確認する必要があります。下からアカウントをログインし、情報を更新してください。

なお、24時間以内にご確認がない場合、誠に申し訳ございません、お客様の安全の為、アカウントの利用制限をさせていただきますので、予めご了承ください。

24時間以内に確認がないとアカウント利用制限と書かれていると確かにあせってしまいますよね。

更新期限は年払いだと1年に一回ですからAmazon公式ページから確認することをおすすめします。

support@enmasuoprime.com経由のプライムメンバーシップ更新通知、ネットの反応は?

まとめ

最近、多くの人がAmazonプライムの更新を装った詐欺メールに悩まされています。
これらのメールは、本物に見えるが、実際にはフィッシングを目的としています。
一部のユーザーはメールアドレスがどこからか漏れたのではないかと疑い、不快感を表しています。
特に、Amazonのロゴの一部が異常であることや、プライム会員ではないのに更新を促す内容が含まれているケースが報告されています。

これらのメールは、クレジットカード番号などの個人情報を入力させることを目的としているようです。
実際に入力を始めたものの、何かおかしいと気づいて途中でやめたという人もいます。
また、Amazonを久しぶりに使用した後にこのようなメールが届くケースもあり、迷惑メールだと感じている人が少なくありません。

また、クレジットカードの有効期限が切れていることを指摘され、最初は迷惑メールだと思っていた人も、実際には有効期限が切れていることを発見しました。

こういった事態を防ぐためには本物のメールとの見分け方をしっておくと良いですね。

本物のメールにあるもの

  • Amazonのマーク
  • 認証情報

これらのものがついているものが本物のAmazonのメールです。

このように、迷惑メールや詐欺メールはますます巧妙になっており、本物に見えることもあります。
しかし、公式のアプリやサイトで情報を確認する、メールに記載されたリンクを無闇にクリックしないなど、注意深く行動することが、詐欺から自身を守る鍵となります。

コメント

%d
タイトルとURLをコピーしました