知っておくべき!モバイルWiFiがつながりにくい場所

電波繋がらない デジタル
アフィリエイト広告を利用しています

モバイルWiFiやその他のモバイル通信サービスは、ただ便利なツールというわけではなく、水道や電力と同様に、私たちの生活に欠かせないインフラとしての役割を果たしています。

通信会社は、より多くの顧客を獲得するため、接続エリアを広げるなどの努力をしています。
しかし、モバイル通信の特性上、どれだけ技術が進んでもつながりにくい場所は存在します。

目次

モバイルWiFiがつながりにくい場所

電波繋がらない

最高品質のモバイルWiFiでもつながりにくい場所にはどんなところがあるのでしょうか?
詳しく解説します。

  • コンクリートで固められた空間
  • 金属製の壁に囲まれた場所
  • 地下
  • 空中
  • 陸上からの信号が届かない海上や海底
  • サービス提供エリア外

などが挙げられます。

重要なのは信号が届くかどうか

挙げた例を見ると、通信基地局からの信号が届かない場所ではモバイルWiFiもつながりにくいことがわかります。
つまり、あらゆるキャリアで圏外になるような場所では、モバイルWiFiも基本的には使えないと考えられます。

私たちの日常生活で、信号のつながりにくい場所といえば、「バスルーム」「エレベーター内」「音楽スタジオ」など、プライバシーが求められる空間が該当します。

コンクリートや金属で囲まれた空間

コンクリートや金属は、信号の通りにくい性質を持っています。
これらで完全に囲まれた空間では、外からの信号が入りにくくなります。
例えば、エレベーター内でスマートフォンがつながらないのは、金属製のカゴに囲まれ、密閉されているからです。
同様に、鉄筋コンクリートの建物も、信号が通りにくいですが、完全に密閉されていなければ、窓から外の信号を受け取ることができます。

地下

地上の信号が届かないため、基本的に地下では通信が難しくなります
ただし、多くの人が集まる商業施設や公共施設が地下にある場合、通信会社は屋内用アンテナを設置し、地下でも通信ができるように努力しています。

空の上

通信会社は地上利用を想定して基地局を設置しており、空中からは地上向けに最適化された信号を捉えることが難しいです。
また、飛行機内でモバイルWiFiを使うことは、法的に制限されていますので、注意が必要です。

海上や海底での接続について

海面やその下の海底では、陸地にある通信塔からの電波を受け取ることができません。
そのため、これらの場所ではモバイルWi-Fiを接続することができないのが一般的です。
しかし、海岸線近くから海の方向へ電波を送ることで、ある程度海上までカバーしている通信事業者もありますが、一定距離を超えるとやはり接続は不可能になります。

船上での通信には、モバイルWi-Fiとは異なり、衛星を使用した特別な通信方法が用いられています。

サービス提供されないエリアについて

通信事業者がどれだけエリアを拡大しても、基地局が設置されていない場所があります。
これは、人口密集地域や需要の高い地域にリソースが集中されるためです。
人がほとんど住んでいない、または訪れることが少ないエリアには、基地局を設けることが少ないです。
これは、そうした場所に投資しても収益が見込めないからです。

それでも、モバイル通信が日常生活に不可欠なインフラであることを踏まえ、少ない需要がある地域にも地方自治体と連携してサービスを提供することがあります。

モバイルWi-Fiの利用可能範囲は、プロバイダのウェブサイトでチェックできます。

基地局の停止が原因で起こる接続不良とその対応策

たとえサービス提供エリア内にいても、基地局が通信トラブルやメンテナンスのために停止している時は、モバイルWi-Fiの接続が途切れることがあります。

大きな通信障害はニュースで取り上げられることが多いので、すぐに原因がわかります。
しかし、小さな障害の情報は、事業者のウェブサイトに「障害情報」として掲載されることがあります。

UQでは、お客様によりよいサービスを提供できるよう、通信設備のメンテナンスのための工事を実施いたします。
工事に伴い、サービスが中断する場合がありますので、何とぞご理解いただきますようよろしくお願い申し上げます。
天候や諸事情により予告なく工事の日時・対象地域が変更となる場合がありますので、あらかじめご了承いただきますよう、お願い申し上げます。

引用:UQコミュニケーションズ 工事情報

もしいつもなら問題なく接続できる場所で突然繋がらなくなった場合は、事業者のウェブサイトを確認して、メンテナンスや障害が原因である可能性があります。

【まとめ】接続できないときのチェックリスト

接続できないときは、まず現在の位置を確認しましょう。モバイルWi-Fiは基地局からの信号を受け取ることが前提です。接続しにくい場所を知っておくことで、トラブル発生時に原因を早く見つける手助けになります。

接続が難しい場所の例
  • コンクリートで囲まれた空間
  • 金属製の壁に囲まれた空間
  • 地下
  • 空中
  • 海上や海底
  • サービス提供エリア外

もし接続できない場所にいると思ったら、以下のようにしてみてください

  • 屋内では、窓のそばに移動する
  • 地下にいる場合は、地上へ出る
  • 屋外では、ビルの屋上や近くにあるアンテナを探して移動する

それでも改善しない場合は、契約内容を再確認するか、端末の問題を調査してみましょう。

コメント

%d
タイトルとURLをコピーしました