洗濯ネットを使わずにシーツを洗っても大丈夫?そのデメリットと注意すべきポイント!

生活
アフィリエイト広告を利用しています

目には見えにくいけれど、シーツは汗や皮脂で実はかなり汚れているんです。
それに、ホコリや細菌も付着していることがありますから、定期的な洗濯が欠かせません。

シーツを洗うときには、洗濯ネットに入れて洗うのが一般的に推奨されています。
洗濯中にシーツが他の衣類と絡まったり、ねじれたりすると、生地が傷つきやすくなるためです。

シーツを長持ちさせたいなら、洗濯ネットを使うのがベスト。
洗濯ネットを使わないと、シーツの生地が損傷しやすくなるだけでなく、洗濯機の中のファスナーやボタンが槽を傷つける可能性もあります。

だから、シーツを洗う際は、洗濯ネットを使うことをお勧めします。

目次

洗濯ネットを使わずにシーツを洗うのはあり?


シーツの洗濯って、意外と面倒ですよね。天気を気にしたり、干すスペースを確保したりする必要があります。
大きなシーツだからといって、洗濯ネットなしで洗ってもいいかなと思ってしまうかもしれません。
やはり洗濯ネットを使うのが推奨されています。

大きなシーツは洗濯機の中で絡まったり、ねじれたりしやすいです。
これが原因で生地が傷つき、肌触りが悪くなったり、早く買い替えることになるかもしれません。

そのため、シーツを洗う際は、洗濯ネットに入れて洗う方が良いでしょう。
洗濯する前には、必ず洗濯表示をチェックしてください。
洗濯機で洗えない場合は、クリーニングに出す必要があるので注意してください。



洗濯ネットを使わないシーツ洗濯のデメリットとは?


洗濯ネットなしでシーツを洗うと、シーツが洗濯機内でねじれやすくなり、結果として生地がダメージを受けやすくなります。
また、他の洗濯物と絡まることも多く、これも生地の傷みの原因になります。

さらに、他の洗濯物から細かいゴミが付着する可能性もあります。
ファスナー付きのシーツの場合は、生地だけでなく洗濯槽自体を傷つける恐れもあるため注意が必要です。
ファスナーをしっかり閉めずに洗うと、シーツの内部にゴミが溜まることもあります。

ゴムが付いているボックスシーツなどでは、ゴム部分が伸びるリスクがあり、シワも付きやすくなります。
洗濯ネットを使う場合でも、シーツを折りたたんでジャバラ状にしてネットに入れると、シワが少なくなります。

洗濯後にシワがついたシーツを干す際に、シワを伸ばす作業は面倒ですよね。

このように、洗濯ネットを使用せずにシーツを洗濯することは、デメリットが多いと言えるでしょう。



洗濯ネットなしでシーツを洗う際のコツと注意点

チェックリスト
シーツは通常、洗濯ネットを使用して洗うのが望ましいですが、必ずしもネットが必要というわけではありません。
シーツが大きすぎてネットに収まらない、またはネットが手元にない場合には、ネットなしでの洗濯が必要になります。

シーツを他の洗濯物と絡ませないためには、できればシーツだけを別で洗うことが効果的です。
洗濯機に入れる際は、丸めた状態ではなく、折りたたんでジャバラ状にすると、汚れが均一に落ちやすく、シワにもなりにくくなります。

また、洗濯物が絡まりにくくなるよう、水量を増やすことも一つの方法です。
シーツが絡まないように丁寧に洗うことで、生地を守ることができます。

洗濯機で洗濯する際、衣類が絡まないようにするために、洗濯ボールの使用も試してみる価値があります。

洗濯ネットなしで洗えるシーツの種類について

ネットを使わずに洗濯する場合、素材の選択が重要です。

シワになりにくいポリエステル素材がおすすめです。
ポリエステル製のフラットタイプのシーツなら、ネットなしで洗っても問題ありませんが、ボックスタイプの場合はゴムが伸びる恐れがあります。

素材だけでなく、シーツのタイプも選ぶ際の重要なポイントです。
ポリエステル素材は価格も手ごろで、耐久性にも優れているため、多くの人に選ばれています。試してみる価値はあるでしょう。

ただし、綿や麻、テンセルなどの素材を使ったシーツは縮む可能性が高かったり、シワが付きやすかったりするので、洗濯ネットを使う方が良いでしょう。
ネットなしで洗える素材は限られているということを覚えておくと良いでしょう。


まとめ

シーツの洗濯は手間がかかるものの、清潔なシーツでの快適な睡眠は非常に重要です。
洗濯ネットを使うと手間はかかりますが、その分、シーツの生地を守り、買い替えの頻度を減らすことができます。
これまで洗濯ネットなしでシーツを洗ってきた方も、洗濯ネットの使用を検討してみてはどうでしょうか。

コメント

%d
タイトルとURLをコピーしました